50代女性の起業に必要な5つのこととは?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

女性が50代から起業をするには必要なことがあります。50代という経験豊富な年代で起業することにはメリットがある一方で、デメリットもあります。しかし、デメリットのほとんどは、しっかりとした準備で補うことが可能です。

今回は、50代女性の起業に必要なことを5つ挙げて、デメリットをデメリットにしない方法をお話しします。
 

ポイント 50代女性の起業に必要なこと

50代女性の起業に必要な5つのこととは?

50代女性
 

起業と結びつくたくさんの経験

50代女性の経験値は、個人差があります。会社で同じ仕事を長く続けた人と、様々な職種を経験してきた人、すぐに結婚して家庭に入った人や、たくさんの子育てを経験した人など、50代女性は生き方によって経験の幅も値もまったく異なります。

起業するならば、経験値はあったほうが良いでしょう。特に事業に関係ある経験は強い武器になります。50代と言えば、一般的には定年退職まで10年ほどであり、これから真新しいことにゼロから挑戦するにはリスクがあります。起業となれば、これから先の生き方だけでなく老後にまで影響を与える可能性もあり、リスクは小さく抑えるべきです。

起業のリスクを小さくするためには、できるだけ経験がある中から起業する事業を選ぶことがポイントです。20代や30代の女性が起業するならば、やりたい事業に必要な経験を積む時間があります。しかし50代は、今までの経験から事業を選ぶ方が、リスクを小さくすることができます。

経験は、小さいものでもかまいません。小さい経験でも経験から学んだことは自分の助けになります。50代女性の起業のデメリットは「経験値ゼロからの起業はリスクがある」ということです。しかし、このデメリットは「経験値がある中からできることを選ぶ」ことで解決することができます。
 

情報収集能力と行動力

50代女性は、ある程度の社会人経験と、自分なりの生活スタイルができあがっています。そのため、起業するときでも、必要以上に今までの自分のスタイルを変えたがらないことがあるのです。変化を嫌がることは年齢を重ねた人にありがちなことであり、起業にはデメリットになります。

しかし、このデメリットは「情報取集能力」で解消することができます。新しい情報は刺激になります。刺激を受けると「このままではいけない」という気持ちが自然と湧き出てくるものです。50代は、まだまだ変化できます。様々なSNSを使って情報収集し、時代に応じた起業に近づけていきましょう。

そして行動力も必要です。たとえば、資産運用のセミナーに参加して運用方法を学んでも、実際にお金を動かして運用しなければお金を増やすことはできません。起業も同じです。50代は保守的になり過ぎてしまうこともあり、様々なことが気になり行動が鈍くなってしまう傾向があります。「失敗したらまたやりなおせば良いと思えるほど若くもない」という考えが、腰を重たくしているのかもしれません。しかし起業はフットワークの軽さと行動力が成功を左右します。

新しい情報に耳を傾け、良いと思ったら行動にうつせる行動力があれば「50代」という言葉は起業のデメリットになりません。
 

50代女性
 

多めの資金と入念な資金計画

思い切った行動力は起業の源です。しかし現実的には、50代という年齢は失敗ができる年齢ではありませんから、万が一に備えておくことも大切です。万が一に備えるリスクマネジメントは、起業の力にもなります。

50代女性の起業は、やはり臆病になりがちです。しばらく新しいことにチャレンジしていないと「失敗したら老後が大変」などと思ってしまい、思い切った行動ができないでしょう。しかし老後の資金すらないような状態であればやるしかありませんし、これ以上失うものもありません。

50代で起業する場合には、自己資金がある人は自己資金で。無い人はお金のかからない起業を選択しましょう。しばしば退職金をあてにした計画をする人がいますが、やめたほうが良いでしょう。老後のためのなけなしの貯金を取り崩すこともやめましょう。資金計画は「確実なお金」で確実な計画にし、補助金の活用なども検討しましょう。
 

今の時代を生きている協力者

50代女性が起業するとき、全て自分の経験と知識でまかなうことは難しいはずです。確かに50代女性の知識や経験は豊富です。しかし、起業するのは初めてのことですから、一年生と同じです。

30年前ならば店舗を構えず、世界を市場にして物を売ることは不可能でした。しかし今は、起業しなくても、個人が世界を相手に物を販売することができます。50代女性と一言で言っても、生きてきた環境によってみえている視野は違います。「私の時代はこうだった」という思い込みは大きなデメリットです。自分の視野が本当に今の時代にあっているのかを知るためにも「今の時代を生きている協力者」は必須でしょう。

「今の時代を生きている協力者」は身近な人であればあるほど良いです。なぜならば、起業のためのアドバイスを気兼ねなく言ってくれるからです。50代女性の子供ならば10代後半から20代ではないでしょうか。まさに今を生きている人たちです。起業した事業に直接かかわらなくても、気兼ねなく仕事についての会話ができる協力者は、50代で起業する女性のデメリットを補ってくれる心強い味方になります。
 

50代女性
 

途中であきらめない強い心

50代女性の起業で一番必要なことが「途中であきらめない強い心」です。50代の起業は、決して早いタイミングではありません。途中であきらめてしまったら、再び起業することはさらに難しくなるでしょう。起業すれば必ず壁はやってきます。しかし、50代だからこそ、諦めず続ける必要があります。

途中で諦めない強い心をもつためには、起業の目的をハッキリとさせておくことが大切です。なんとなく「時間があるから売ってみたい」という軽い気持ちで起業すれば、壁にぶち当たったときに「やっぱりやめよう」と簡単にあきらめてしまいます。「このビジネスを軌道に乗せて老後は故郷で店を持ちたい」という目的があれば、多少の壁にぶつかっても「故郷に堂々と帰れるまではやめられない」と踏ん張ることができるのではないでしょうか。目的は具体的であればあるほど強い支えになります。

50代になると失敗がこわくなり、失敗する前にあきらめたほうが良いと思うことがあります。しかし起業はあきらめたら終了です。目的を達成するまでは絶対にあきらめないという強い心が50代女性の起業には必要になります。
 

ポイント おわりに

50代女性の起業に必要な5つのこととは?

50代女性
 

紹介した50代女性の起業に必要な5つのことは「起業のセーフティーネット」です。50代からの起業はどうしても慎重になりがちです。しかし起業は慎重かつ大胆に行動する必要があります。セーフティーネットをしっかりと準備することで、50代でも60代でも、大胆な起業をすることができるのではないでしょうか。

新しいことにチャレンジする人は年齢に関係なく魅力的です。しっかりと準備をして、50代からの人生を輝かせてみましょう!


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!