週末起業がばれる! サラリーマンの確定申告

実は、この記事を書いている私も、会社に週末起業(副業)がバレた経験があります。取引先が会社トップに対し密告したことが直接の原因、その前にもちろん、私が週末起業のことを取引先に話てしまったことが最大の過ちでした。
 

起業セミナー
 

その経験から、週末起業をする時は会社に絶対に話をしてはいけない、同僚、上司はもちろん、仲がよくても(この件については)絶対に信用してはいけない、取引先に話すなどもっての外。そのように言い続けています。

自分で話してしまうという原因が最も多い週末起業の会社バレなのですが、その他にも、フェイスブックからばれる、ブログからばれる、などのソーシャルメディアばれ、そして、リスクは少ないものの、注意をしなければならないのが、確定申告による会社バレです。
 

ポイント 確定申告も最新の注意を!

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

会社の人に週末起業(副業)がばれると、とても会社に居づらくなります。もちろん、週末起業的な副業が公式に許可されている会社なら問題ありませんが、一般的に副業禁止規定がある会社であれば、白い目で見られることは間違いありません。私もそれを経験しています。風邪をひいて会社をちょっと休めば・・・

どうせ、週末起業(副業)のために家で何かしているんでしょう、儲けてるみたいだし。

なんて、ありもしないことを噂されてしまうのです。上司や先輩たちからは、『あいつは本業に集中できないに違いない』と決めつけられてしまうことも多く、ばれてよいことなど全くないと言ってもよいでしょう。

このページは、起業準備支援の専門家である起業18フォーラムの新井一が、いわゆる副業、週末起業から起業準備をした場合(コーチング、カウンセリングなどの小さな副業、ネットビジネス、あらゆる請負業)をしている方のために、情報をまとめました。
 

ポイント 会社員のまま起業準備を始めて(週末起業から始めて)ばれない方法はある?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

週末起業から始めて起業が成功する可能性は、正直とても低いです。それでも、私たちが提唱する正しいやり方を知り、おかしな影響を受けずに効率的にきちんと進めていけば、成果を出すことができるようになります。ですが、その過程で会社にばれてしまったり、自分を隠すことに一生懸命になり、事業に集中できなかったりということがあれば、それはとてももったいないことですね。

一般的な起業塾や講座では、『年間の所得が20万円以下であれば、なにも申告しなくてよい』とか、『住民税の支払い方法を普通徴収にすれば大丈夫』とか、正確なようで、しかし部分的でしかない情報を伝えていることがあります。

実際、会社にバレてしまう原因の多くは、経験上(正確な統計はとっていませんが)、(上司や同僚を信用して)自分で話してしまう、フェイスブックやブログを調べられてしまう、会社のパソコンの利用履歴からばれてしまうということが殆どで、税金の手続きから知られてしまうケースはわずかです。それでも、今後、多くの市町村において普通徴収のルールが変わる可能性がある(特別徴収を推進する活動があります)今、正確な知識は持っておきたいところですね。

税金の手続きでばれてしまうケースとして、最も多いのがいわゆる『赤字申告』です。翌年の住民税の特別徴収額に変更が生じるため(税金が安くなってしまうため)、会社にばれてしまうのです。では、黒字ならよいのでしょうか? そして、所得が20万円以下だからといって、何も申告しない場合には、どうなるのでしょうか?
 

ポイント 週末起業で20万円の所得がないから確定申告をしない?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

まず、知っておいてください。20万円基準の確定申告云々のお話しは、税務署管轄の所得税のお話しです。ここはとても大切なポイントです。所得が20万円以下であっても、住民税のための申告(市区町村への申告)は必要なのです。これは、金額が小さい、大きいの問題ではなく、国民の義務であり、きちんとしておかないと脱税になってしまいます。

年間の所得が20万円以上 ⇒ 税務署で確定申告(所得税)
年間の所得が20万円以下 ⇒ 市区町村の税務課で申告(住民税のみ・所得税の申告は不要)

 

ポイント 週末起業の売上、報酬を現金手渡しでもらっているのでバレない?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

これもNGです。あなたが売上を現金でもらうこと自体は問題ありませんが、それはきちんと会計上の処理をして、申告しなくてはなりません。現金でもらったからと、そのままポケットに入れてお小遣いにしてしまうなんて、絶対にダメです。

相手の会社は、あなたへの支払いを何らかの名目で経費にしています。その会社の帳簿を見れば、あなたへの支払いの履歴はすぐにわかります。それは、週末起業(副業)の大小を問わず、形態、業種を問わず同じことですから、申告は必ず行って下さい。

週末起業をする人は、税金を逃れようという意図がある人は殆どいないと思います。実際、私がこれまでお会いしてきた人は皆、そんなことはみじんも思っていない人ばかりでした。ですが、知識がない?ために申告を7年もしていないという人や、税金や会計という言葉への恐れからずっとボランティアでいるという人は過去にいらっしゃいました。

申告をしていない人は、すぐに税務署や税理士さんのところに行って、相談をしてきましょう。起業家になったら、週末だろうが何だろうが、税金は避けて通れないのです。そして、税金や会計に対して不安がある人は、専門家にサポートしてもらえば全く怖くないということを知り、きちんと稼ぐことに集中して、きちんと税金を納めましょう。それが日本のためになり、ボランティアよりも大きな力になることもあるはずです。
 

ポイント マイナンバー制度導入で週末起業(副業)が変わる!?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

マイナンバー制度が世の中を騒がしていますが、起業準備の世界でも同じことが起きています。週末起業の所得が、容易に税務署等に把握されてしまい、会社にばれるのではないか? ということです。はい、その可能性はゼロではありません。特に、過去に申告をせずに週末起業をしてきた人は、それを指摘される可能性もあるのではないかと思います。

特に、週末起業ではなく、どこかの企業に属する形(アルバイト)をしている人は注意です。(アルバイトは週末起業とは呼びませんが・・・)アルバイト先が市区町村にあなたの給与の支払いを報告していると、もちろん本業の会社から『特別徴収』の通知がされてしまうことになりますので、その結果、経理担当者が『???何これ???』となることもあり得ない話ではありません。きちんと、税務署または市区町村に確定申告することは、こういった事故を防ぐためにも重要ですね。
 

ポイント 週末起業が勤め先にばれてしまう原因は・・・いろいろあるけれど

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

もう一度整理しますね。所得が年間20万円以下の所得であれば、所得税の確定申告は必要ありませんが、住民税の申告は必要なので、市区町村の役所に出向いて確認をしてください。でも、基本的なお話として、20万円かどうかを知るためにも、帳簿はしっかりと付けておく必要があるんですよ!

ラリーマンの週末起業、起業準備活動が会社にバレる原因は、前述のように殆どが『自分がしゃべってしまうこと』と『フェイスブックやブログの利用』です。ですが、確定申告、特に住民税の支払い方法(普通徴収・特別徴収の選択)のミスもありますので、注意をしてくださいね。

必ず、『普通徴収』を選ぶ! (確定申告書の『住民税の徴収方法の選択』で、『自分で納付する』を選ぶ)

そして、年間20万円以下の所得であっても、市区町村には申告が必要、ということです。ばれる、ばれない、という問題以前に、きちんと申告しておくことが大切です。
 

ポイント 起業塾で教えているよくある間違いとは?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

では、『普通徴収で確定申告をすれば絶対にばれないの?』と言えば、『100%とは言えないと』いう回答になろうかと思います。(特に週末起業的な働き方ではなく、アルバイトとして働いている場合には、普通徴収を選択していても、本業の会社に通知が行くこともあり得ます。よく見かけるのが会社員の水商売アルバイトです。)

また、事業所得を赤字申告した場合や、住宅ローン控除、医療費控除がある場合なども、リスクが高いです。(確定申告でしか控除できない所得控除が乗っかってくると、余計な(副業収入の)記載がある通知書が本業の会社に送られてしまう可能性があります。)

また、確定申告をしなければ会社にばれない、つまり、年間所得が20万円未満であれば、会社にばれることはないというのも間違いです。所得税は申告不要ですが、住民税は申告が必要です。申告をしないリスクは、会社にばれるばれない以前の問題です。そして、現金で報酬をもらっていればバレないなどという考え方は、絶対にやめてください。そして、細心の注意が必要な環境にいる方は、常に最新の正確な情報を、最寄りの税務署や市区町村で確認をしておくようにしましょう。
 

ポイント 副業は自由にしていい世の中がいい、でも実際は・・・

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

起業支援をしていて思いますのは、会社員のまま起業準備をするのでしたら、以下のことをしっかりと守っていただきたいということです。

絶対に人に言わない
フェイスブックやブログに細心の注意を払う
住民税の支払い方法に気を付ける

アフターファイブの週末起業(副業)では、ネットワークビジネスをする人も増えていますし、自分のスキルを生かしてセミナーを開いたり、コーチングをしたり、バナーデザインをしたり、色々なケースがあります。

週末起業に対して理解のある会社はまだまだ少ないですが、仮に、アフィリエイトや自宅でライター業、せどり、大家などの職種の場合には、それほどうるさくは言われないこともあると思います。ですが、ガッツリ商売をしているとなれば、雑音はいろいろと面倒ですね。公務員の人はもちろんアウトです。

最近では、起業を目指さず、アルバイト選択する人も増えています。残業ができなくなり、収入が減ったという人も少なくないためでしょう。昼は会社員ですというバーの店員さんや、水商売の女性を見かけることも珍しくありません。その場合には、自分がもらうお金が、給与所得なのか事業所得なのか雑所得になるのか、その辺りの契約内容もしっかりと把握しておきましょう。※副業からの収入が給料所得になる場合には、本業への通知はほぼ防げません。
 

ポイント 週末起業で会社にばれないようにするには、赤字申告は絶対だめ!

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

そもそも、なぜ住民税から会社にばれるリスクが高いのでしょうか? その理由は、住民税の計算方法にあります。住民税は、本業の給与収入と週末起業の収入(事業・雑・給与)が合算されてから算出されます。そして、本業のお給料から自動的に引き落とされるわけです。ですので、この金額が大きく上下すると、会社の人が不審に思うことがある。そこからばれてしまうというわけです。

通常は、普通徴収にしていれば週末起業分の住民税の納付書は自宅に届きます。ですが、事業所得がマイナスの場合には、給与所得との相殺となり(お給料が少ない扱いになる)、会社から天引きされる税金が少なくなるので、会社に連絡が行ってしまうのです。(※雑所得なら大丈夫)
 

ポイント 最後にまとめます! 会社員が起業準備をする時はどうすればいいの?

週末起業が会社にばれる!? 起業準備中のサラリーマンの税金・確定申告

会社員が起業準備をする時は・・・

絶対に人に言わない
フェイスブックやブログに細心の注意を払う
住民税の支払い方法に気を付ける
 普通徴収を選択する
 副業で給与所得をもらわない(雑所得・事業所得にする)
 所得が20万円以下でも市区町村に確定申告(普通徴収であることを念を押して確認)

ということです!
 


 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!