昼間の時間の電話に対応する方法は?会社にいるときは電話にでられません。

● 質問

会社員のまま起業をする予定です。
私は、昼間の時間、9時ー5時で働いているので、電話対応することができない環境にいます。
ですが、お客様が電話をかけてくる可能性があるので、連絡が不安です。

ホームページに自宅の電話番号を載せておけば、妻が自宅にいますので、一次対応はしてもらえそうなのですが、自宅の電話番号を載せることに抵抗があります。
かと言って、私の携帯電話を載せておいても、やはり電話に出られません。

ここで質問なのですが、かかってくる電話に対応してもらい、その内容をメールで教えてくれるサービスはあるのでしょうか?

電話の転送ではダメで、また、受けた電話をまた説明するための電話をくれるというシステムでも駄目です。
メールでいただいて、携帯でこっそり見ることができなければなりません。

また、いまさらFAX番号を用意する必要はありますでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

いつくかの解決策がありますので、お伝えしますと・・・

奥様の携帯電話に「050」の電話番号が使えるアプリを インストールして、奥様の携帯電話で対応してもらう(自宅の番号は載せない)。

これでしたら、奥様がご自宅で、ご自身の電話番号も自宅の電話番号も出すことなく、スマホで電話対応ができます。
アプリは楽天の「SmarTalk」などを使いましょう。

ご質問のにありました、電話を受けてくれてメールで内容を教えてくれるというサービスはたくさんあります。
いわゆる「秘書代行/電話代行サービス」にあたるものです。
検索すればたくさんの業者が出てきますので、サービス内容と価格を見て決定されると良いでしょう。

金額レベルでは、だいたい月1万円程度から、電話の本数に応じてというものが多いと思います。
基本、会社名で電話に出てくれて、担当者が不在だという形で、用件を聞いてくれます。
そして、その内容をメールにまとめて送ってくれます。

最後に、FAX番号を用意するかどうかですが、これは業種によって異なります。

少なくとも、貿易などで乙中さんや海外とのやり取りがあり、サインをした書類を受け取ったり送ったりする必要がある場合や、銀行などと書類をやり取りしなければならない場合など、紙ベースの仕事が多い場合には、FAXが必要になることがあります。

ですが、コンサルタント業であったり、メールでできてしまうことがほとんどの業務の場合には、あえて用意する必要はないでしょう。

もし必要になっても、電話回線やマシンを用意する必要はなく、D-FAXなどのインターネット上のサービスを利用すれば事足ります。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!