出版企画書は何を書けばいい?(作り方、書き方、項目)

● 質問

アマゾンのキンドルで出版したいと思っているので、まずは企画書を作りたいと思っています。
どのように作ればよいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

今はアマゾンでしたら誰でも出版できますからいいですね!

ノウハウを持っている専門家なら、絶対にやって欲しいのが出版です。
そこから本当の商業出版につなげるべく、ぜひ挑戦してください。
 

出版企画書では、以下のような項目を考えてまとめてください。

1.本のタイトル
最初は仮決めで、執筆後にもう一度考えましょう。

2.サブタイトル
こちらもタイトルと同じです。
既に出ている本を参考にしましょう。

3.出版の狙い
なぜこの本が生まれたのか、なぜ求められているのか、理由、背景をまとめる。

4.対象読者
どんな人が読むのか。
※読んで欲しいかではなく、本当に読む人。

5.類書
同じような本があるかどうか、何という本か、売れているのか、その本との違いなど。

6.目次と章ごとの趣旨説明
出版されている「紙」の本を参考に考えましょう。

7.著者の経歴
専門性、強みをアピールしましょう。
ホームページやブログ、SNSについても書きましょう。
もちろん、メールアドレスを頂くための無料プレゼントもお忘れなく。

8.セールスポイント
読者にアピールするメッセージを書きましょう。
 

こちらも合わせてお読みください。

● 質問新米ママさんに向けて、子育ての情報を提供しようと考えています。提供方法は電子書籍を利用しようと思います。電子書籍は、どのようにすれば出版できるのでしょ...

 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!