自前のネットショップを持つか、アマゾンなどを使うべきか?

● 質問

自作のカップをネットで販売しようとしています。ヤフオクでテスト的に販売してみたところ、1ヶ月で10個販売することができました。100個ほど売れれば、食べていけるので、そこを目指したいと思います。

質問は、まず、今後ネット販売をしていくとして、自分でホームページを作って販売したほうがよいのか、或いは、アマゾンなどを利用したほうがよいのか、もし、自分で作る場合は、プロに頼むべきなのかなど、今後の進め方を教えていただければと思います。
 

起業前質問集
 

● 回答

オリジナルのカップが、ヤフオクですでに月に10個も売れるのでしたら、需要としてはあるということですよね。素晴らしいことと思います!

まず、自分でホームページ(ネットショップ)を持つか、アマゾンなどの他社を利用するかということですが、まずはヤフオクで続けて販売しつつ、アマゾンでも販売できる体制を作り、徐々に広げていくとよいでしょう。

自前のネットショップを作るかどうかですが、これは、「ないよりはあったほうがよい」ということであり、経営者の判断になります。現実としては、なくても問題ないでしょう。自前のショップを持つにしても、自分で作るのはやめましょう。時間、知識を考えると、プロに外注する方が得策です。

ホームページに記載する内容は、他社のサイトを参考にしながら、法律上の表記なども漏れがないようにしておきましょう。特定商取引法に基づく表示などは、特に注意する必要があります。

また、会社員のまま起業準備をする場合には、ご自身のお名前を使うことができないことがあると思います。その場合、配偶者の方に起業していただき、代表になってもらうなどの工夫が必要です。(※名義貸しはNGです。)

基本、自前でネットショップを作っても、閑古鳥が続きます。昔は、仲間内に制作を頼んだり、ネットショップが簡単に構築できるWEBサービスを使い、ショップを作ることが流行りましたが、今は、殆どのネットユーザーは、アマゾン、楽天、ヤフー、その他大手の通販サイトしか利用しなくなっています。

仮に、女性がターゲットだからといって、女性らしいサイトに仕上げようと頑張っても、黒とオレンジのアマゾンのサイトや、赤と白の楽天の方が、利用者にとって利便性が高かったり、信用があったり、簡単に顧客を奪うことはできません。使えるものは、使ってしまいましょう。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!