独立をするために会社を辞めたら失業手当がもらえない!?

日々たくさんの起業に関するご質問をいただいていますので、ここで解説していきます。
今回は『独立をするために会社を辞めたら失業保険がもらえない!?』についてです。
 

起業
 

年末に退社しようと思っている方が多いからでしょうか、最近増えている質問として、失業手当に関するものがあります。

起業を目指して退職した場合に、失業手当がもらえないという噂を聞いたのですが、それは本当ですか?

という類のお問い合わせです。
退職してもすぐに収入があるわけではなく、起業の準備をしようというわけですから、失業手当が出ないと困ってしまいますね。
 

ポイント 失業手当をもらえる要件とは?

独立をするために会社を辞めたら失業保険がもらえない!?

これはネット上でも公開されている情報ですので、細かい話は割愛いたしますが、基本的には自己都合で会社を辞めた場合であっても、失業手当を申請することが可能であることは多くの人がご存じのことと思います。(※ 詳細はこちらのページをご覧ください。失業手当の正式名称は「基本手当」と言います。リンク先でその部分を読んでみてください。

失業手当をもらうために大事なことは、失業していること、そしてすぐに働くことができる人、ということです。
つまり、就職したいという意思があり、求職活動をしているという実態が必要なのです。

ここが引っかかってしまうところで、つまり起業の準備をしようとしている人は、就職したいという意思がないのではないか? とも取れるわけです。
実際に準備に専念している人は支給対象にならないのでは? ということです。
 

ポイント 失業手当の取り扱いが変わった?

独立をするために会社を辞めたら失業保険がもらえない!?

起業に伴う準備期間は、当然生活が不安定になります。
当たり前の話ですが収入が途絶えてしまうからです。

また起業後しばらくは売り上げが安定することもなく、苦労する人が多いことも事実です。
お金はなるべく取っておきたいと思うのが当たり前でしょう。

そんな懸念の解消として、失業手当の取り扱いが見直されることになったという事実をご存知でしょうか?

例えば、一部都道府県では、求職活動と並行して起業の準備や検討をしている人は、失業手当がもらえるのです。
許認可の申請や事務所の契約手続きなどを進めていても、大丈夫なのです。

ただし、実際に事務所を借りて営業に向けて継続的な準備を始めた場合には、就職する意思がなく、起業の準備に専念しているものとして扱われることになりますので、手当はもらえなくなります。

士業の先生も、これまでは、資格を取った後に『登録』をすることによって、個人営業を営んでいると判断されていましたが、今では開業実態がなければ、一定の要件を満たした上、失業手当が受けられるようになりました。
法律は常に変わっているのですね。
 

ポイント 常に最新の情報確認しましょう!

独立をするために会社を辞めたら失業保険がもらえない!?

退職後に自分が失業手当を受けられるのかどうか、起業を目指していて求職活動していない状態であったりして不安な場合には、ハローワークに相談してみましょう。

実際、都道府県によって対応がことなりますし、担当者によっても見解が違う可能性もあるので、何度か聞いてみることもおすすめします。

90日分の手当といえば少なく感じますが、実際に現金が入ってくる安心感はとても大きなものがあります。
予定が変わってくる場合もあります。
生活には急な出費が出ることもあります。

もらえるものがあるならば、きちんともらっておくのが正解だと思います。
正しい情報を得て、夢に向かって進んでいきましょう!
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!