アフィリエイトで収入を得ていますが、失業手当はもらえますか?

● 質問

アフィリエイトで収入を得ていますが、失業手当について知りたいことがあります。

私は契約社員で働いておりますが、親の介護が必要になり、いったん離職しようと考えています。
とは言え、失業して食べていけるだけの預貯金があるわけではないので、時間に融通のきく職種に転職するための転職活動をしながら、失業保険を申請するという形になりそうです。

現在、月に1万円程度のアフィリエイトの収入がありますが、これがあると失業保険がもらえないのでしょうか?

失業保険の給付が終わるまでは、 起業準備をやめておくべきでしょうか?
私の年齢から言っても、すぐに就職できるとは考えづらいので、失業手当がもらえるのでしたらそれは生活していく上で重要な収入源となると思います。
 

起業前質問集
 

● 回答

失業手当をもらえるのは失業状態にある人であり、さらに、就職の意思がある人なので、自分で事業している場合は失業とはみなされません。

会社員でも「開業届を出すだけならデメリットはない」という考え方をしている人もいらっしゃいますが、開業届を出していて事業を行っていれば、失業手当がもらえなくなるリスクがあるということです。

そうなってしまった場合には、実際の収入状況などを見て、ハローワークに相談することが必要です。

失業中にアルバイトなどをした場合もその収入額をハローワークに申告することになります。
都道府県によっても違うと思いますが一定の条件において給付額に変更がある可能性もあります。
 

アフィリエイトもその収入額がアルバイト相当、あるいは事業をしているとみなされるかどうか、というところでしょうか。

事業と言えるものではないと判断されれば、1日あたりの収入から一定額を控除した額をベースとして計算されるという形になることもあります。
この辺りもハローワークなどで確認するといいでしょう。
 

地域によって、法人ではなく個人事業の場合、そして、並行して就職活動をする場合、さらに、週の労働時間が20時間を超えない場合は、失業手当を受給できる可能性があります。

開業届を出していなくてもビジネスはできるのでしょうか?

 

この辺りの見解は、担当者によって見解が違ったりすることもありますので、何度か確認することをお勧めいたします。
退職前に窓口に出向き、あくまでも予定ということで、一度相談しておくと良いでしょう。

ぶっつけ本番でいきなり相談していきなりアウトになるよりも、対策をとりやすいと思います。
担当者の方の名前もきちんとメモしておきましょう。

実際、アフィリエイトで数千円ということですから、事業と判断されない可能性もあると考えられます。

あくまでも趣味のブログを書いている範囲のお小遣いであるということ、 専業の事業ではなく片手間で本業の合間に行ってきたということ、就職する意思があるということ、などをしっかりと説明しておきましょう。
 

日々たくさんの起業に関するご質問をいただいていますので、ここで解説していきます。今回は『独立をするために会社を辞めたら失業保険がもらえない!?』についてです...

 

補足ですが、自己都合退職の場合、退職後3ヶ月間は失業手当はもらえません。
その間の生活費が足りない場合、アルバイトなど短期で働く必要も出てきます。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!