【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

● 質問

私は、38歳のサラリーマンです。妻と子供が2人います。千葉県在住で、住宅ローンも30年近く残っています。こんな私でも、会社に勤めたまま起業できるということなのですが、実際、全くイメージが湧きません。どのようなことをすれば、サラリーマンを辞めずに起業できるのでしょうか? リスクはあるのでしょうか? そもそも、会社にはばれないのでしょうか?
 

起業前質問集 
 

● 回答

サラリーマンを続けながら起業をすることは可能です。実際に、私は1996年から副業を開始し、そのまま事業を大きくしてくることができました。ですが、言うほど簡単な道のりではありませんでした。いや、正確に言えば、今振り返ればとても簡単なことばかり。ですが、当時ひとりで孤軍奮闘をしていた自分にとっては、難しいこと、リスクのように感じることばかりだったのです。
 

 

ポイント 1.家族に強く反対される

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

家族に強く反対される
 

サラリーマンを続けながら起業を目指すということは、家族に迷惑をかけないために、という一面もあるはずです。ですが、実体験として、私の周りには、「家族に反対されてできない」という理由から、起業準備を断念された方がたくさんいらっしゃいます。「起業」をではなく、週末(お休み)に「起業準備」をすることを断念したのです。土日の準備行動すら許されなかったのです。

個人的には、愛する人が夢を追うこと、しかも、リスクがなく、自分から離れていくわけでもないことを、応援しない理由がよくわかりません。しかし、離婚を条件にされたり、奥様が精神的におかしくなってしまったなどのことが実際に起こっている状況を見ると、夢なんかよりも保守的な安定を求め、そして、起業という言葉に、冷静さを無くしてしまうほどのリスク感があるということがわかります。

【対策】サラリーマンのまま、週末に起業をすること、お休みの日起業準備をすることは、全くリスクがないのだということを、家族と共有しないといけません。そのためにも、数値化して約束することが大切です。月に使うお金、時間、目標、そして、自分たちへのご褒美など、数字と行動で見せて信頼を勝ち取ることです。
 

「1日の中で最も優先している時間は何ですか」との質問に対し、1位は「家族とのコミュニケーションの時間」で19・5%、2位は「家事時間」で17・7%。「仕事時間」は13・6%で4位だった。12年の調査では1位が「家事時間」(24・5%)、「仕事時間」(24・3%)が僅差で次いだ。「家族とのコミュニケーションの時間」は4位で13・6%にすぎず家事や仕事に縛られていた。今回の家族との時間を優先する姿に、心のゆとりが感じられる。

調査概要 主婦向け人材サービスを手掛けるビースタイル(東京・新宿)または求人媒体「しゅふJOBサーチ」の登録者を対象にインターネットで2015年12月9日から22日まで調査を実施。500人から有効回答を得た。

 

2016/02/01 日経MJ(流通新聞)2面に上のような調査結果が発表されています。起業のリスクよりも、自分(たち)との時間(心のゆとり)が減ってしまうことに対して不満、不安を感じる奥さまが多いということなのでしょう。やはり、反対されそうな場合には、「家族ファースト」の姿勢を変えない、そして、「だから起業は諦める」ではなく、「家族ファーストでもできる道を探す」ことに全力で向かうことだと思います。
 

ポイント 2.睡眠不足になる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

睡眠不足になる
 

サラリーマンとしての仕事を終え、帰路につけば、早い人で7時、一般的な人であれば8時ころに自宅に戻れる人が多いでしょうか。もちろん、シフト制や勤務形態の違う方もたくさんいらっしゃると思います。しかしいずれにせよ、1日24時間という事実は変わりません。

たまに、「シフト制だから起業できない」とおっしゃる方がいます。どういう意味なのでしょうか? シフト制であると、決まった時間に作業できない、週末の学校に通えないから、ということなのかもしれませんが、そんなことは関係ありません。作業など好きな時間にやればよいことですし、起業したいからと言って学校に通う必要はありません。たとえば、起業18はネットで学習して質問も自由にできますので、時間も場所も問いません。

問題なのは、睡眠時間を削って起業準備をすることです。なぜ問題か? それは、健康があってこその幸せだからです。起業すれば、寝れない日もあります。全てが自分の責任ですから、寝ていられない日もあるのです。サラリーマンのうちはまだ準備段階ですから、そこまで頑張る必要はないでしょう。毎日コツコツ、それでよいのです。
 

NHK放送文化研究所が行った「国民生活時間調査」で、早く就寝する人が増えていることが17日、分かった。早起きや朝に働く人も増え続けており、人々の生活が朝型にシフトしている。調査は1960年から5年に1度行っており、今回は昨年10月、全国の10歳以上の男女計7882人から回答があった。

調査結果によると、日本人の平日の睡眠時間は7時間15分。これまでの減少傾向が下げ止まった。夜は各曜日とも半数以上の人が午後11時には寝ており、前回の調査(2010年)と比べ、就寝時間は早まっていた。一方、朝、寝ている人が半数を切る時間は、平日は午前6時15分、土曜は6時半、日曜は7時。前回と比べ、平日は5時~7時15分に就寝中の人が減り、早起きの傾向も進んでいた。

2016/02/18 日本経済新聞 朝刊 38面

 

【対策】とにかく健康第一! 移動時間を効果的に使い、睡眠時間を最低5~6時間は確保しましょう。朝方になって、早く出勤して、会社近くのカフェで作業をするなどもお勧めです。今ムリできても、あとで来ますよ! ここは守ってくださいね。
 

ポイント 3.会社がつまらなくなる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

会社がつまらなくなる
 

起業準備を始めれば、サラリーマンとしての仕事生活とは全く違う毎日が待っています。刺激に満ち溢れ、ぞくぞくするような高揚感を味わうことも多くなるでしょう。となった時、朝礼、社訓斉唱、会議、日報、愚痴だらけの社内飲み会、、「うーん、つまらない! 早く帰りたい!」と思うこともしばしば。

自分の好きなことで、好きな人と、好きなお客様を選び、好きな時間に、好きな場所で、思いきり「志事」をする。そんな毎日を知ってしまったら、しがらみと理不尽だらけの組織に魅力を感じなくなるのも無理はありません。これがいわゆる「サラリーマン起業の副作用」です。

私自身の経験でも、虚勢を張ったり、威張っていたり、自分の立場を必死で守ろうとしている上司を見て、可哀想な気持ちになることがありました。考えの異なる部下や、自分の怠慢や不正を見抜いた社員が力を持つことを嫌い、必死で潰そうとするその姿に、サラリーマンの悲哀を感じていました。そんな人間と早く離れた、そんな人が来れない世界に行きたい、そんなことを強く思っていました。

【対策】会社にいる時間は、脇役。何を言われても、何がどうなろうが、低温、低空飛行でOKです(笑)起業を目指すことを決めたあなたの夢、あなたの未来は、そんな場所にはない。はっきりと割り切り、仕事をきちんと提示で終わらせて、すぐに帰宅しましょう。そして、どんどんビジネスを進めましょう!
 

ポイント 4.接待、休日出勤、出張、異動が怖くなる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

接待、休日出勤、出張、異動が怖くなる
 

サラリーマンのまま始める起業準備はリスクが極限に小さいとはいえ、実際に行動に移せる人はごくわずかです。周りに反対されたり、自分自身でブロックをかけてしまったり、理由は様々です。そして、そのようなハードルを無事に超えた人は、次の壁(心配)に当たることになります。それが「人事」です。

起業を目指すサラリーマンにとって、人事異動は、ひとつの転換点となります。残業の多い部署への異動、昇格などはまだマシで、出張や転勤などの大きな仕事環境の変化を伴う場合などは、思いきって退職を選ぶ人も少なくありません。

サラリーマンは、常に自分以外の誰かの意志や思惑によって、人生を翻弄される運命にあります。自分の意志が通じるところは、表面上のごくわずかな部分だけでしょう。そんな持ち駒のような人生は嫌だと思う人は、どうか、一刻も早く自身の強みを生かして、次のステージに進んでいただきたいと思うのです。あなたには、その力があります。

【対策】いろいろな理由を付けて拒否するのがイチバンでしょう。もし断れないのなら、場所、時間に捉われないビジネスを最初から設計しておけば安心です。たとえば、ネットを活用するお仕事なら、場所も時間も比較的自由になります。諦めなければ方法はたくさんあります!
 

ポイント 5.名前が世に知られる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

名前が世に知られる
 

サラリーマンのまま起業準備を進める際には、ビジネスネームが必要になります。そうしないと、すぐに会社にばれてしまうからです。あなたの味方ばかりならよいですが、そうとも限らないですからね。フェイスブックの利用も、気を付けたいところです。(※きちんとノウハウを得れば問題ありません。)

ブログやホームページ、そしてセミナーなど、一人型、スモールビジネスでは、自分自身が商品になるケースが多々あります。コンサルティング、カウンセリング、コーチング、全て自分が商品です。スキルが商品なのではありません。結果、どうしても世間に名前や顔を露出することになります。ここがサラリーマンの方が気になるところだろうと思います。

しかし実際は、きちんとしたノウハウがあれば、ここはうまくかわすことができます。私自身が17年やってきました。私は最後に油断し、何と取引先業者に会社に密告されるというミスを犯しました。(※役員自宅に怪文書を送付されるという陰湿なやり方で、大変な目にあいました(笑))しかし、こんなことも、私自身のミスが原因です。そんな失敗をしてきたからこそ、ノウハウが蓄積されています。

【対策】まず、ビジネスネームを付けること。そして、フェイスブックで会社の人とのつながりをプライバシー設定できちんと管理することです。起業18のノウハウでしっかりと準備すれば、全く問題ありません。どんどん進めていきましょう!
 

ポイント 6.打ち合わせに呼び出される

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

打ち合わせに呼び出される
 

もし、起業しようとしている事業の種類は「BtoB」、つまり、企業を相手にするお仕事である場合、「打ち合わせに呼び出される」というリスクが生じます。これは、私も何度も経験しました。顧客の社長や担当者さんに、アポイントを取りたいと連絡がきてしまうのです。(※当然ですよね・・・)

アポイントなら、有給休暇を取るなり、何とか対応できることもあります。ですが、イチバン困ったのは、「今から来てよ! 今日は来れる?」という類のもの。よくしてくださっているお客様だけに、お断りするにも適当な理由が見つからず、本当に苦労しました。

BtoBでやる場合、週末(お休みの日)にだけ起業準備をしていることを正直に伝えるか、土曜日などに打ち合わせをお願いするか、スカイプなどで夜間の打ち合わせをさせてもらうか、など、何らかのやり方を工夫する必要があります。

【対策】このようなリスクを避けるためには、まず、最初から「BtoB」をやらないこと。或いは、こちらで時間と場所をコントロールできる事業を選択することが挙げられます。たとえば、起業18のようなBtoCコンサルティング事業では、時間と場所をこちらの都合で設定することが可能です。
 

ポイント 7.メール、電話に応えたくなる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

メール、電話に応えたくなる
 

工夫をしてネットを活用し、サラリーマンを続けながら起業の準備を進めることができるようになったとして、そこの段階でも次の課題がやってきます。それは、「就業中に決して起業準備をしてはならない」ということです。どうしてもやりたくなりますが、やってはいけません。

問い合わせや受注メールも入ってきます。スマホをちょっと見れば、返信をしたくもなります。トイレや外出先で、ついついやってしまいそうになるでしょう。ですが、万が一ですが、それがばれたらどうなるでしょうか? 週末だけ起業準備をしていました、なんていう話は一切通じなくなります。

外出中に起業準備関係のお仕事をするなども、やってしまいがちですが止めましょう。朝、夜、週末(お休み)の時間でできるビジネスを考えることこそ、起業家としての手腕が問われます。また、外注化を進めるなどをすれば、、経営者としての感覚を磨く練習にもなります。チャレンジしましょう!

【対策】作業は、朝、夜、週末に、起業準備をまとめて行うこと、そして、それでもできる事業、仕事の流れを設計して創り出すことが何より大切です。貴重な週末などの時間を、意味のない交流会や、売り込まれるばかりのイベントなどしてつぶしてしまうと、準備はいつまで経っても進みません。
 

ポイント 8.クレーム対応が必要になる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

クレーム対応が必要になる
 

仕事時間をきちんとコントロールしていても、どうにもならないのがこの「クレーム」です。クレームにはいろいろな種類があります。ただの問い合わせであるのに、相手が数時間も待ってくれないような、言いがかりのようなクレームのケース、明らかにこちら側の過失であるケース、そして、悪質なクレーマーのケースなど、実に様々です。

私もいろいろな経験があります。「ダウンロードできない!詐欺だ!」と、消費者センターに連絡した人。聞けば、パソコンのスイッチを切っており、再度、スイッチを入れても画面が出てこないというもの(笑)どうしようもないよ!というようなものであったり、「過去に20万円だったのに、今30万円なのは損した気分だ!」などの文句だったり。あの、、価格は需要と供給で決まるんです。

ただ、ひとつ言えますことは、クレームはどちらの責任であるとか、何が原因であるとかの分析は、あとの話であるということ。まずは、怒っているその人を落ち着かせる必要があるのです。メールでは怒りが収まることはまずありません。

【対策】難しいことではありますが、まずは、クレーム体質の人とはお付き合いしないことです。どんなにきちんと対応をしたとしても、永遠にあなたの悪口を言い続けます。どんなにお金を払ってくれそうな人でも、最初から付き合わない方がよいでしょう。また、どうしようもないときは早退するなどの対応も必要になるでしょう。
 

ポイント 9.信用されない自分に気付く

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

信用されない自分に気付く
 

あなたがサラリーマンとして、エース級のビジネスパーソンであるとしても、ひとりで起業、独立をすれば、その力の足りなさを思い知らされることになるでしょう。何と言っても、誰もあなたのことを知らない、信用しないというショック。これは誰もが経験することです。

悪く言えば、「どこの馬の骨?」「週末だけ会社をやってる? 何それ? 怪しいね」という反応です。そこで多くの人は心が折れ、身近な知り合い相手にだけアプローチをし、お小遣い稼ぎのレベルで終わって満足してしまうのです。そこを乗り越えなければ、起業はできません。

そのような現実があるのは確かなのですが、だからと言って「ブランディング」をしようということでもありません。よく、フェイスブックなどにキラキラ写真を投稿しまくっている、「ブランディングを間違えている人」を見かけます。もったいないことです。

【対策】商品は、その品質を信用されなければ売れません。無形のサービスなら、自分が信用されない限り売れません。では、サラリーマンを続けながら、週末だけ起業しているような場合、どのようにしたら人に信用されるのでしょうか? 答えは簡単です。「紹介を受けること」です。ただ、それだけでは独立した後に持ちません。マーケティングの準備をしながら、今は紹介で経験を積む。これが王道なのです。
 

ポイント 10.確定申告が必要になる

【保存版】サラリーマンのまま起業すると実際に起こるリスクまとめ

確定申告が必要になる
 

サラリーマンでいれば、税金関係の処理は基本的には会社がやってくれます。とっても楽なシステムですが、副業を始めたら、自分でやらなくてはいけなくなります。「今まで税務署に言われたことないけど?」なんて言っていられません。数年分まとめてお尋ねがやってきますので、その辺りはきちんとしておきましょう。義務ですし、脱税は犯罪ですよ。

この確定申告の際、住民税の支払い方法(普通徴収・特別徴収)に気を付ける必要がありますので、しっかりと理解をしておいてください。ここを間違えてしまうと、あとでとんでもないことになる可能性があります。その他にも、マイナンバー制度など、知っておいた方がよい知識はたくさんあります。起業18の動画、ブログで学習してください!

今現在、自分がいくらの税金、社会保険を支払っているのかさえ知らない、お金に対する恐怖心はあるのに詳細は知らないという状態にある方が多いのではないでしょうか? 今の状況をしっかりと把握しておくことで、自分がどこまでのリスクを取れるのか、どこまで稼がないといけないのかが明確になります。勉強しておきましょう!

【対策】副業の場合でも、利益がでたら税金をしっかり払うこと。住民税の払い方に注意し、会社にばれないように処理をすることが大切です。また、法人化をすればマイナンバーや、都道府県の特別徴収制度の推進など、様々な情報を得ておく必要がありますので、起業18の動画やブログで、正確な情報を入手しておきましょう。
 

サラリーマンでいると、税金のことを意識することはあまりないかもしれません。お給料から毎月引き落としされているためか、自分がいくら払っているのかさえわかってい...

● 質問確定申告の青色申告とか、白色とか、よくわかりません。  ● 回答個人事業を行うフリーランスの方は、毎年2月になると頭が痛いですよね(笑)そうです、『確定...

 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!