女性用の下着を開発し、特許を申請しています。これだけで大手に真似されませんか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

女性用の下着を開発し、特許を申請しています。これだけで大手に真似されませんか?

また、販売はどうすればいいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

真似されないかどうかは、難しい問題ですね。市場を確保してしまって、他社の追随を許さないレベルになれば、真似する人の意欲もなくなるでしょうが、現実的ではないですね。

大手が侵食してこないようにするには、ライセンス契約をしてしまうなど、敢えて懐に入ってしまう手もあります。

単独で戦うと、調査をされたのちに似たものを近くで出される。これは店舗ビジネスなどではよくあることです。

製品をよく研究しないとわからないことですが、相手にとって真似が簡単なものであっても、コストや得られる利益によっては無視されることもあります。

また、ビジネスは商品以外にも、売り方などの差別化はできるものです。特許以外で差別化できるようにする方法も、常に考え続ける必要があります。

販売は女性の下着の場合、店舗やネットなどがありますね。ですが、実績のない商品を仕入れてくれる店舗はまずないでしょうから、ネットで売ることになるでしょう。

ネットでもなかなか売れない現実にあたるでしょうが、広告投資を行い、量産品と違うポジショニングで、少しずつ実績を出していくしかありません。

インスタなどもうまく利用していPRしましょう。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!