ネットビジネスは会社員起業の救世主!?しかし、時すでに遅し・・・

● 質問

ネットビジネスをしたいです。
資金はゼロ円でスタートしたく、自宅で稼げることを目標にしています。

どのように始めたらいいのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

ネットビジネスで成功する可能性は、年々厳しくなっています。
インターネット上の情報は無料化に向かうというのは、やはり避けられないのかもしれません。

ネットビジネスと言っても、クラウドサービスなどのシステム提供でしたら、まだまだ需要はあります。
※もちろん、閉鎖に追い込まれるサービスがないわけではないです。

今や、例えばフェイスブックなどを使って、非公開グループの中で簡単な業務連絡をしたり、クラウドサービスのWEBアプリを通じて文書をやり取りしたり、端末上でZOOMを開いて会議をしたり、ビジネスツールはクラウド化が当たり前になっていますが、、、個人でこのようなサービスを展開することは難しいかもしれませんね。

では、WEB制作などのITサービスはどうでしょうか?

大手企業に限らず、今は中小企業でも、WEBページ制作は外注せず、部署それぞれでプラットフォーム上で社内制作し、コストを下げているところも増えています。
広告に関しても同様で、社内にデザイナー、編集担当者を抱えることが多くなりました。

質問者様の言う「ネットビジネス」とは、いわゆるアドセンス、アフィリエイト、情報商材販売などを指していると思われますが、それらは今から参入する人にとっては既にレッドオーシャンもいいところで、成功の可能性はかなり低い状態であり、そして、フリーランサーが提供するインターネット関連の制作/代行業も様相が変わってきているということです。

企業向け(BtoB)の下請け仕事は今後も縮小に向かい、かと言って収益性が悪くとも個人向けの需要があるかと言えば、それもJimdoやペライチといったクラウドサービスに取られてしまうという方向は決定的です。
 

ポイント ECサイトはどうか?

ネットビジネスは会社員起業の救世主!?しかし、時すでに遅し・・・

ネットショップ
 

Amazon、楽天、ヤフーに代表される大手ネットショッピングモール。
ネットショップの利用者の多くはその3つのどれかから買い物をしています。

一般の店舗がECサイトを運営するケースは、もしかしますとファンがついているところもあるかもしれませんが、店舗のない個人がECサイトを独自に持ったところで、売れることはほとんどなくなってしまいました。
ネットショップでは衝動買いをするケースは少なく、まずアプリやブックマークからたとえばAmazonに直接飛び、その中で検索して商品をピンポイントで探し、購入します。

用件がない限りは商品を探さない、用件があれば、ネットショッピングモールへ直接行く。
副業解禁で、個人でネットショップを作ろう的な動きがありますけれど、実際は、個人のECサイトは今後ますます厳しくなるでしょう。

情報をいくら豊富に提供しても、人が選択するのは常に数件です。
圧倒的大手以外の選択肢として食い込むには、オリジナル商品の開発、ブランディングなど、容易ではありませんね。
 

ポイント リアルビジネス+ネットマーケティングならチャンスあり!

ネットビジネスは会社員起業の救世主!?しかし、時すでに遅し・・・

ニート
 

いわゆるネットビジネスが終焉を迎え、ネットショップも大手モールに出店する以外には可能性薄。
となれば、上述のように自分で高付加価値のビジネスを確立しなければならないのですが、その場合に大切になるのが「ネットマーケティング」です。

会社員で起業したいと思う人は、まず商売営自体の経験が無いことが多く、「相手を如何に引き込むか」の経験が足りません。
簡単に言えば、営業トークに代わるような文章書き、動画制作、キャッチコピーなどですね。
ブログ、SNS、メールやWEBアプリを使いこなし、それらを連携して一人でコントロールしつつ、ネットマーケティングで集客をしていかなければなりません。

世の中にはネットマーケティングに関する情報が溢れていますが、正しいネットマーケティングを学び、自分のビジネスで実践していただきたいと思います。
これを会社員のうちに始めてください!

ドラマのように顧客が増えるホームページの作り方@池袋! なぜクライアントと共に創ったホームページが次々に顧客

 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!