情報無料化時代の起業法~情報を買う人は誰?

起業18の新井です。今回のブログでは、「情報販売をするネットビジネスなんて本当にできるの?誰が買うの?」と題しまして、ご説明したいと思います。
 

情報
 

インターネットの誕生と普及により、ある意味で、情報の価値が圧倒的に下がってしまいました。その分、「何が信頼性の高い情報なのか?」を選別する能力が必要になるという「リテラシー」が重要になりました。ですが、確かに、簡単な情報であれば、誰もがネットを検索すればすぐに手に入る時代になりましたよね。
 

 

ポイント ノウハウなんて売れるの?

情報無料化時代の起業法

あなたも実際にやられていると思いますが、調べものをする際にインターネットを使用していると思います。そうなると、お金を払って本屋さんで本を買って情報を得たり、極論ですけど、わざわざ誰かに習いに行く必要もない、とも思います。インターネットさえあれば、何でも分かってしまうように思えてきます。

そんな時代背景で、「今の時代に、ノウハウなどの情報なんて売れるのですか?」というご相談を受けることがあります。実際に商品(モノ)を提供したり、マッサージを行うなどのわかりやすいお仕事ではなく、情報、知識を提供してお金をもらうということが、想像できないというわけです。
 

ポイント 多くの人にある誤解

情報無料化時代の起業法

実際、多くの人が、「自分の持っている情報は何の価値も無いのではないか」と誤解しています。ですが、私から言わせてみれば「価値がある」と思います。無料で大量に、可もなく不可もない情報が溢れている世の中だからこそ、あなたの体験や、存在価値が大きくなってきます。(※実際、ネットには、アフィリエイターさんが書いている、「クリックさせるため情報」や「ステマ」があふれています。)

情報の量が多くなればなるほど、どれが正しい情報で有益なのか、どれが間違った情報なのか、ということが分かりにくくなります。必要なものも不必要なものも手に入れてしまうと、その後混乱してしまい、何をやっていったらいいのか分からなくなってしまうのです。比較しますなんて言っている間に、情報におぼれて何もできなくなる、なんていうことは、よくある話です。
 

ポイント 過去のあなたと今のあなたにある差がビジネスになる

情報無料化時代の起業法

そこで考えてもらいたいのが、2~3年前のあなた自身の姿です。この2~3年の間で得た情報で、これは正しかった、これは正しくなかった、という「自分にとっての体験」があったでしょう。そのあなたの体験を、真摯に発信してあげることは、単にアフィリエイターさんが書く表面的な情報とは違い、これから同じ体験をする可能性のある人たちが必要とする、生の現場の情報になります。

実体験をしたからこそ書ける、言える情報があると思います。大量の情報が飛び交う現代に、厳選した生の情報を提供すれば、誰かがそれを求め、喜んでくれることがあります。そういう観点から、情報発信であったり、起業だったりを考えることで、いろいろなヒントが見えてくると思います。

情報が無料の時代だからこそ、あなたにできることがある。そこを忘れないでください。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!