自宅で起業する!・・・独立の際の注意点とは?

今回は、「自宅で起業する際の注意点」についてお話していきたいと思います。自宅で起業というとイメージが沸きにくいかもしれません。起業というよりも、「独立」という感覚です。一人でフリーランスとして自宅で働く、作業するという方がしっくりきそうですね。

その際の注意点3つをご紹介します。
 

自宅で起業
 

ポイント メリハリ

自宅で起業する!・・・独立の際の注意点とは?

会社員時代に、「朝電車に乗るのが嫌で」「早起きが苦手で」というタイプだった方は要注意です。自宅での起業ですから外出の必要がありません。すると、起床時間がだんだん遅くなってしまったり、夜型になってしまったりしてしまいがちです。自由すぎて、仕事とプライベートの時間の切り分けがなくなっていってしまうこともあるでしょう。

メリハリが無かったとしても、それで事業が成り立っているなら、ある意味ではよいのかもしれません。ただ、やっぱり、自宅で起業すると、社会人として朝起きて、どこかへ出かけて行くということは減っていきます。そんな場合でも、自分の気持ちをしっかり保てるようにしておくことは大切です。

ただ、メリハリには気を使いましょうと言っても、中にはこのようなメリハリを気にしなくて良い生活をしたいが為に独立するという方もいるでしょう。もちろんそれで仕事が成り立っているのでしたらそれも「あり」だと思います!
 

ポイント 孤独

自宅で起業する!・・・独立の際の注意点とは?

孤独、これは結構大きな問題です。一人が好きだという人にはよいのかもしれませんが、それにしても限界があると思います。一人でずっと自宅にいて、スカイプやチャットなどでしか他人とコミュニケーションをしないとなると「大丈夫かな」と思ってしまいます。

あなたはいかがですか? 大丈夫そうですか?

出来れば午前中、あるいは14時・15時までは自宅にいたとしても、それから先の時間は人に会いに行くようにしましょう。会議や打ち合わせは、やっぱり対面の方がよいですし、その様な仕事ではない場合には、何らかのコミュニティに所属するのもよいでしょう。

一人で仕事しているにしても、やはり様々な人とのつながり、ネットワークを持つことは大事なことです。相談する相手すらいないのでは、つらくなってしまうこともありますからね。
 

ポイント セキュリティー

自宅で起業する!・・・独立の際の注意点とは?

最後、3つめはセキュリティーです。例えばカウンセリングする方や、プライベートレッスンを提供するお仕事の場合などは、自宅にお客様がこられる場合もあるでしょう。異性の方が入ってくる場合もあるかも知れません。そこら辺の対策、特に女性は気をつけてください。

できれば、自宅で仕事するとしても、レンタル事務所をどこかに借りて、そこの住所を公開するようにしましょう。又は2つ働く場所を持っていて、片方は公開して、もう片方は非公開にするなどです。セキュリティーの概念はしっかり持ちましょう。

これらは、お客様を疑うという意味合いではありません。個人情報の管理や、家族の安全、そしてあなたが女性である場合などは、特に注意しておくべきでしょう。
 

ポイント おわりに

自宅で起業する!・・・独立の際の注意点とは?

起業する際の注意点。まずは、メリハリを持って仕事をする。孤独にならないように、外に出かけていく仕事も確保もすること。コミュニティーへの所属も孤独の回避に役立つでしょう。

最後にセキュリティー。レンタル事務所を借りたり、自宅に人を招き入れる際には、セキュリティー対策を万全にしておくことです。この3つを自宅で起業する際には特に気をつけておきましょう。
 


 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!