情報を販売する場合の法的規制は?

● 質問

新井さん、こんにちは。
いつもお世話になっております。

新井さんの本を読んで、自分が好きなものとして思い浮かぶのは、阪神タイガースです。

私は子供のころから熱狂的な阪神ファンで、ブログも書いてきました。
起業ネタを考える場合、この関連以外は何も思い浮かびません。

ブログから自費出版や電子書籍の出版のお誘い(要するに売込み)はよくあるのですが、話を聴くと100万円以上もかかり、元手がありません。
お金をかけずに進めようという起業18の方針からもちょっとずれている気がして、借金をしてまでやろうという気持ちになれません。

それでもここまで書いたブログ記事や、知っている情報をこのままにしておくのももったいないので、PDFや動画、DVDなどにして販売できないかと考えています。

そこで質問なのですが、阪神タイガースの情報をそれらの媒体にしてブログで販売する場合、法規制があるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

確かに、自費出版は負担が大きいですから大変ですよね。
売れるわけではありませんので、記念に配ったり、自社のセミナーに来た人に配布したりするくらいしか使えないので、マーケティングツールとしても物足りないかもしれません。
 

ブログの記事をまとめて商材にして販売する場合、その記事を書いたのはご自身でしょうから、問題はないでしょう。
但し、他者が書いたものなどを含む場合には、著作権が生じるので注意してください。

引用についても学んでおいてください。

● 質問新井さん、いつもお世話になります。私は、英会話教材をネット配信する起業を考えています。日英文の併記で、様々なジャンルの話題やニュースを書いたもので、一...

 

また、野球チームの情報となれば、選手の顔写真なども載せることがありますでしょうか?
そうなると肖像権の問題が出てきます。

成績などの数値も、どこかから引っ張ってくることになるでしょうから、著作権がある可能性もありますので、球団に確認するなど事前の調査をしておきましょう。

一般的な質問は、こちらの「著作権電話相談室」でも受けてくれると思いますので、訊いてみてましょう。
 

ポイント 特定商取引法の表記について

情報を販売する場合の法的規制は?

お金との付き合い
 

ブログで情報商材を販売する場合は、特定商取引法の表記が必要になります。
以下をご覧ください。

● 質問いつもメール相談に適切に回答頂き、大変感謝をしております。今回は、「特定商取引法」の質問です。「特定商取引法に基づく表記」の中で、住所や電話番号を公開...

 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!