ネットショップの広告には、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

広告宣伝費について教えてください。

ネットショップの広告を出そうと思うのですが、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

商品を販売するタイプのビジネスの場合、商品やお店の宣伝をする必要があります。ネットショップを立ち上げたとしても、最初はお店を見に来てくれる人は、ごく少数です。

ただし、宣伝のためにお金を出して、広告を掲載する必要はありません。まずは無料ではじめられるSNSや、ブログなどを利用しましょう。また、友人知人にお願いして、拡散してもらうのも有効な手段です。

今はインターネット広告や、新聞の折込チラシよりも、SNSの情報の方が拡散力が高く、注目を浴びやすい時代です。たとえば「駅前のパン屋さんが美味しい」と写真つきで投稿すれば、それを見た人が興味を持ちます。

このように、興味があって購入してくれる方へ、情報が届くように、各SNS(Facebook・Twitter・Instagramなど)をそれぞれ登録し、こまめに情報発信していくことで、集客率を上げることができるでしょう。最初のうちは、広告にはお金をかけるよりも、手間をかけましょう。

売れることが分かってきたら、少しずつGoogle広告などを試してきましょう。
 

ネットショップ
 

お金のかからない方法を選んでスタート

資金をかけずに起業をする、というのは、何もないところに物体を発生させるようなマジックでしょうか? いいえ、違います。今すでに持っているスキルや、アイデア、情報、技術などを使って、お金に変えていくことがプチ起業です。

今までは、お金を得るためには雇用される、もしくは事業を興す、という2種類が主な方法でしたが、人はそれ以外にも得意なことがあり、ちょっとしたことを仕事にすることで、利益を生み出すことができます。

お金のかからない方法をあえて選び、上手に工夫しながら進むことで、開業資金を必要としない起業が可能です。無理せず、今できることの範囲で、スタートしてみましょう。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!