会社員のまま始める起業準備の進め方~チェックリスト

起業18の新井です。今日は、起業のための第一歩をどこから始めていくかというお話をしたいと思います。
 

起業支援セミナー
 

まず、起業をする為に必要な基礎知識についてですが、日頃の起業を目指す皆さまから受けている相談で多いものとして、「会社設立の方法は?」「事業計画書の書き方は?」「資金調達の方法は?」というものがあります。これらはもっとずっと後のステージで学べばよい「手続き系のお話」としてまとめることができます。車の免許を持っていない段階で、「将来、タクシーの運転手になった時に、道がわからなかったらどうしよう?」と心配しているようなものです。

それよりも大事なこととして、ビジネスを始めた際に「どうやって人を集めるか?」ということがあります。つまり、稼ぐ力がどれだけあるかということです。実際は、それよりももっと前に「何を仕事にしたいのか?」という自分自身の想いを整理する必要があります。
 

ポイント 起業するために必要・大切なこと

会社員のまま始める起業準備の進め方~チェックリスト

起業18では、会社員をしながら起業準備をすることを推奨しています。そこで3つのステップを踏んでいただいています。

1つ目は、専門分野を決めるということ。ですが、これは巷でよく言われているような、「〇〇の専門家になる」ということではありません。あなたは専門家になる必要はありません。(もちろんなってもいいですが。)専門家になると言うと、多くの大学教授やお相撲さんみたいに「それ専門で生きていく人」という意味で捉えてしまいがちです。ですが、「経営者=専門家」ではありません。「経営者の中に専門家がいることがある」ということです。実際、あなたの会社の社長さんは何かの専門家ですか? 中小企業の技術系ではそのようなケースが多く見られますが、必ずしもそうでないケースも多いのです。経営者はあくまでも経営者なのです。

もし、あなたの専門分野がわからない、自分には取り柄がないと思ってしまう人でも、起業18のノウハウを使えば問題はありません。「振り返り」という心理学(コーチング)に基づいたワークを行うことでわかってきます。簡単に言うと、自分が生まれてからこれまでの人生を振り返り、自分自身を深く知ることです。

振り返りのワークを行うことで、今までの人生のことを思い出していきます。これは詳細は公開できませんが、できごとを思い出していくのではありません。もっともっと深いところです。その次に、それを書きだし、仲間に話してみたり、私に相談したりします。すると、多くの気づきがでてきます。自分には「持っているもの」「リソース」がたくさんあることがわかってきます。
 

2つ目のステップとして、「強み」の理解があります。真剣に振り返りをすると、その流れで自然にわかってきます。強みと簡単に言っても、「ビジネスで戦える強み」は、ちょっと違う視点で見出す必要があります。それも、ワークを進めるうちにわかるようになってきます。

起業18では、好きなことで起業することを推奨しています。ですが、例えば「売れないお笑い芸人さん」「打てないバッター」のようになって、食べられなくなることは推奨していません。夢を追う人生は素晴らしいですが、現実として家族を不幸にすることはできません。ですので、「好き」という言葉の意味、「強み」との違い、自分の感情を深く理解していく必要がありますし、夢をかなえる順番も設計する必要があります。
 

3つ目は、振り返りにより言語化されたリソースや好きなこと、強みを組み合わせる作業です。この時点で、自分のパッションの方向性、自分が進むべき道、ミッションが次第に明確になってきます。そのプロセスが起業準備となり、できあがったビジネスこそ、あなたの一生涯の仕事となるのです。起業家となれば、毎日楽しいことばかりではありません。むしろ、つらいことのほうが多いでしょう。ですが、自分が魂レベルで目指している道を知っていれば、そこで心が折れてしまうことはありません。

振り返りの作業では、よいことだけを思い出すのではありません。逆に、苦労したことや悔しかったことなどもたくさん思い出すでしょう。ワーク中に辛い気持ちになってしまうことすらあります。ですが、そのことが大事なのです。「楽しい・ワクワク」がイチバン大切なのは言うまでもありませんが、「負けないぞ!」「なにくそ!」という気持ちもまた、起業家には必要なのです。

なぜそうなのか? それは、ビジネスの本質は、「困っている人を笑顔にしてさしあげること」だからです。その問題解決の仲立ちをあなたが行い、サービスや商品を提供するのです。その時に、その困っている人の気持ちを知っているのか、知らないのかは、あなたの行動に大きく影響してきます。あなたが「共感」できることは、相手もあなたに「共感」できる可能性が高いということです。ビジネスを成功させるには、人と人との関係が重要になってきます。共感が生まれればその絆は強くなります。そういった意味でも、苦労は宝だと言えます。
 

ポイント まとめ

会社員のまま始める起業準備の進め方~チェックリスト

あなたがビジネスを成功させるためには、あらゆる視点から自分のことを知り、その経験、強みを生かしていくことが大切です。あなた自身が持つものを組み合わせて、足りないものを人からお借りして、ビジネスを最適化させていきます。ですから、どんな人でも、ビジネスはできるのです。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!