フリーランスとして独立するのなら、営業力を高めておこう!

起業18の新井です。私は、起業をするのなら「一人型」をお勧めしています。組織も人間関係もなく、気楽であり、低コストなのがその理由です。ですがその分、誰も頼ることはできないという現実もあります。今回は、そんな一人型、フリーランス起業について書いていきます。
 

フリーランス
 

ポイント フリーランスは気軽に始められるの嘘

フリーランスとして独立するのなら、営業力を高めておこう!

確かにフリーランスは、インターネットを通じて気軽に誰でもできる時代になりました。ランサーズシュフティのようなクラウドソーシングのサービスを使えば、誰でも簡単に、自分のスキルを活かした作業をし、報酬を得ることができます。

しかし肝に銘じておくべきなのは、フリーランスは多くの場合下請けになってしまい、「成果物を効率よく提供すること」だけを求められてしまうことがあるということ。そこから脱却するためには、自らの価値の想像力を高め、そして、集客力(営業力)を身につけておかなければなりません。
 

ポイント 情報の集め方と検索スキル

フリーランスとして独立するのなら、営業力を高めておこう!

私は、フリーランスに必要なスキルのひとつに「検索スキル」があると思います。確かに、「医学」と検索するよりは、「境界例と臨床医学」という風にジャンルを絞って検索すれば、おのずと検索精度が上がり、手に入る情報の確度もどんどん上がります。検索には予備知識が必要なのです。

検索は読書よりも情報を得られるスピードが速く、しかも膨大なデータに瞬時にアクセスできます。Googleを使わず、完全な閉鎖的なテキストを延々と読む時間があるなら、むしろ膨大なデータをソートし、集約してまとめてから読むほうが、遥かに効率が高いのです。情報量が多ければ、受注できる分野も広がります。
 

ポイント 学ぶ時間も確保する!そのためにも営業力を持つ

フリーランスとして独立するのなら、営業力を高めておこう!

営業とは無関係ではありますが、起業をする時は、実際に働く時間よりも考える時間が長くかかります。ずっと勉強なのです。私自身も、自分自身のことはわからなくなってしまうことがよくあります。ですので、やはり、優秀なコンサルタント、コーチに自分を常に見てもらうために、学びに出かけています。

そのように時間の足りない毎日を過ごすため、私の場合ですが、基本的に営業をする時間は限られています。と言いますか、営業は全くしていません。私の場合は、ネット、セミナー、一部を紹介で、顧客を獲得し続けています。そのような「営業力」となる仕組みを持たないと、一人型ビジネスで生き残ることは困難だと感じます。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!