「下請け仕事」をあてにして独立したらダメ!

集客の準備をしないで、商品だけ準備して独立してしまう人が後を絶ちません。そしてもう一つのパターンとして、知り合い企業からの下請け仕事をアテにして独立してしまう人もたくさんいます。そのような人は、そのアテにしている会社が実際には仕事をそんなにくれなかったりしたら、即アウトです。実際、そういうケースは後を絶ちません。お酒の席での約束なんてもってのほかですからね。
 

起業
 

ポイント 自らの集客力が無ければ一生自由になんてなれない

ホームページを持たずに「下請け仕事」をあてにして独立したらダメ!

ものすごく極論を言えば、商品力なんてなくてよいのです。集客力さえあれば、商品は人のものを担げばいい。ただ、集客力はさらに集客力のあるものに奪われていく運命にあるものですので、自分自身の集客力を高めるためにも、よいコンテンツを配信し続けることは大切です。

ホームページを持たずに口コミや紹介にたより、下請け仕事をしているフリーランスの方は、言ってみればサラリーマンよりさらに弱い立場であり、将来の保証や退職金もなく、もちろんボーナスもなく、若いうちはいいですけど将来は結構大変です。(そうかが得ると、安定も保証も、退職金もボーナスもない企業のサラリーマンなんて最悪ですね。)

自らのインフラを育て、自分の力で集客ができるようになっていれば、そんな惨めな思いをする必要はありません。サラリーマンを続けている人ならなお有利です。退職金や安定がある企業であるのならさらによいですね。ホームページを十分に育て、人の下請け仕事なんかしないで、自分で生きる力をどんどんつけていきましょう。
 
起業したい人のためのホームページ集客実践講座はこちら
 
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!