会員制コミュニティと個別コンサルティング、どちらがいい?

● 質問

忙しくて時間の取れない主婦層を相手に、お片付けの講座を開こうと考えています。

また講座参加者に会員制コミュティに参加してもらって情報提供をすることを考えていますが、会費をいくらでどのくらいの期間、会員になってもらえばいいのか、よくわかりません。

また、講座を数回開催したらそれを撮影して、DVDの販売に切り替えたいと思っています。
そのために必要な手続きなどはあるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

まず、会費と期間についてですが、価格は需要と供給のバランスで決めるのが常識です。
ですが、会社員の方はお客様から直接お金をもらうことに慣れていませんので、やや強気なくらいでいいでしょう。

ですが、結局はお客様が得られる価値とのバランスですので、サービスとの兼ね合い、この場合は提供する情報にどのくらいの価値があるのかを考えることが大切です。

インターネットを検索すれば、たくさんの整理整頓系の講座が出てきますが、どれも安価です。
期間も長期のコンサルティングなどではなく、単発の講座ばかりですね。

当然のことながら、バックエンド商品が後ろにあり、それは家電製品の販売であったり、家事代行であったりします。
確かに、片付けのノウハウを学ぶことにお金を払う人は、殆どいないのかもしれません。
 

ポイント ビジネスには需要が必要!

会員制コミュニティと個別コンサルティング、どちらがいい?

entrepreneur
 

会員組織にするということですが、整理整頓のノウハウ、情報提供というと、どのようなものになりますでしょうか?
整理整頓のやり方を毎月教えてもらうことにお金を払う人は、やはり殆どいないだろうと想像します。

ただ、いわゆるゴミ屋敷に住んでいる人なども確かにいますので、そのような人がノウハウを知りたいか・・・、いや、やっぱり、そのような人も対象ではないでしょうね。
となれば、お片付けマニアということになるでしょうか。

従いまして、今回のビジネスネタの場合、会員制で広く低料金でたくさん人を集めるというよりも、一部のマニアの方向けにそこそこの料金をもらってコンサルティングをする方が、ビジネスとしては早く成果が出そうです。
もう少し顧客層を広げるのでありましたら、バックエンドを代行や掃除道具の販売につなげることですね。
 

新井一
 

どうしても会員制でやりたいということでしたら、まずは無料でお片付け好きな人やミニマリストになりたい人のコミュニティを作り、その中でマニアな人、言葉は悪いですが重症の人に個別コンサルティングを提供するという方法になると思います。

そのコミュニティで提供する情報が磨かれて、お金を払ってでも人が参加したいと思うよう人が増えてきたら、有料化したり、コンテンツをまとめてアマゾンで電子書籍を出版するなどに展開してみてはいかがでしょうか?

また、DVDの販売に手続きは特に必要ありませんが、ネットで販売されるのであれば、「特定商取引法に基づく表記」をホームページ上に掲載する必要があります。
法律で定められたことですので、忘れずに表記しておくようにしてください。
 

● 質問現在、アドバイスに沿ってネットショップ制作を進めています。特定商取引法に基づく表記について教えてください。副業禁止のため、どうしてもネット上に名前を出...

 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!