うつに悩む人の相談に乗るカウンセリングサービスで起業したいのですが・・・

● 質問

本業での経験を活かして、うつに悩む人の相談に乗るカウンセリングサービスをしたいと思っています。
電話やスカイプ、或いは相手の自宅、公園など、臨機応変に対応できるようにしたいです。
いくつか質問があります。

1.
会社に絶対にばれないようにする必要があります。
副業解禁なんて全く夢の話です、、
会社に知られずにクライアントを獲得する方法を教えてください。
SNSやブログなどはリスクがあるので、やるつもりはありません。
月に10人ほどの獲得をしたいです。

2.
ボランティアのようなことは考えておらず、あくまでも有料サービスを前提にしています。
ですので、富裕層を狙います。
料金はいくらに設定すべきですか?

3.
正直、このビジネスは儲かると思いますか?
アドバイスください。

私のビジネスの目的は、本人はもちろん、うつに悩む人の家族を救うことです。
家族に少し楽になれる時間をつくってあげ、喜んでもらいたいのです。
宅配ピザのように電話一本で行けるような会社を作りたいと思っています。
 

起業前質問集
 

● 回答

1.に対する回答

SNSやブログをやらないということですが、なぜでしょうか?
見つけてもらえないということは、依頼も来ない可能性が高いです。
チラシを使いますか?
ネットを使うにしても、カウンセリングサービスの存在を知らせるだけで、それがあなたがやっていることがわからなければ大丈夫ですよね?

おそらく、お勤めの会社の人が何らかのきっかけでネットを調べて、そこからばれてしまうことが心配なのですね。
だとしますと、ちょっと工夫が必要になります。

まず、クライアントは、チラシでは見つからないと思いますので、やはりホームページは持たなければならないでしょう。
ホームページがないと効率がとっても悪くなってしまいますので、SNS、ブログをやらないとしても、ホームページだけは持っておきましょう。

最初のうちはあまり大々的にやらず、無料サービスで感触を確かめながら充実させていくことをお奨めします。
サービスの修正と共に、ホームページもどんどん修正が必要になりますので、ペライチなどで簡単につくりましょう。
※ いよいよサービスが決まり、本格的に始動するときには、プロに依頼してきちんとしたものを作るといいですね。

そこで会社バレの問題がでてきますが、ホームページから受注する場合、サービスの告知をするときに、特商法に基づく表記をすることが必要になります。
その際、責任者の氏名や住所・電話番号を明かすことになります。
それがリスクになりますので、そこを回避しないといけませんね。
よく、「親族の名前を使え」などとアドバイスする起業塾がありますが、その人が実際に事業をしていないのでしたら名義貸しであり、それはNGですので止めておきましょう。

特商法に基づく表記を回避するには、ホームページでサービスの告知をして、興味のある人に資料(パンフレット)請求してもらうことにしましょう。
その資料に申し込み用紙をつけたり、連絡先、本名も明記しておけば、特商法の要件を満たせます。
つまり、お客さんになる人にだけ個人情報を出すわけですね。

資料請求者が知り合いだったりすれば100%安全ではないかもしれませんし、資料請求者があなたのことをネット上に書いてしまう可能性がゼロとも言えませんが、とりあえずは積極的にネット上に氏名を出すことは回避できます。
資料は郵送でもいいですし、メールでPDFで送るようにすればもっと簡単ですね。

さらに安全を考えるのでしたら、会社の人がいそうな地域での営業を避けるなども考えられます。
 

2.に対する回答

料金をいくらにするのかは、ビジネスモデルによりますね。
いただいた情報だけですと判断できない部分もあります。

ですが、まずは一般的なサービスの相場を調査されるといいですね。
多くは30分5000円程度かなと思います。

富裕層を狙うとのことですが、うつに苦しむ人は先行きの仕事にも不安を抱えていることが多いため、高額を支払う人は限られると思います。
単に富裕層と括るのではなく、もう一歩踏み込んだプランが必要になるかなと思います。
 

3.に対する回答

儲かるかどうか、というご質問ですが、固定費がかからない相談業ですので利益率は高いですから、そういう意味では儲かるとも言えますね。
定期的に、長期で利用してくれるクライアントさんが増えれば、黒字化できるでしょう。

ただし、時間の切り売りになりがちなサービスですので、大儲けできるかといえばNOです。
先にどのような展開にするかは考えた方がいいですね。
たとえば、カウンセラーを派遣するようなビジネスにするなどしないと、忙しくなったら大変です。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!