海外・国際ビジネスコンサルティングは副業として可能?

● 質問

海外相手の国際ビジネスコンサルティングで独立したいと考えています。
業務代行なども含め、幅広く対応しようとしています。

たとえば、販売ルートの立ち上げ支援、輸出入業務の代行、代理店開拓、契約締結などのアライアンス支援、海外のM&A等も視野に入れています。

今はコロナのためテレワークをしており、海外出張もなく時間がありますので、ホームページの作り込みをしています。

気になっているのは、このような事業が成り立つのか、副業として進めていけるのかということです。
価格設定も幾らにしたら良いのかわかりません。
 

起業前質問集
 

● 回答

事業内容をある程度絞り込めば、大丈夫だと思います。

打ち合わせを少なくするためにも、副業のうちは自由度を狭め、パッケージ化することが必要です。
また、説明という作業を少なくする工夫も必要で、資料や動画作成などの準備も十分にしていく必要がありますね。

突破口にできる使いやすいサービス、ネットでも売れる簡単なサポートサービスを開発し、その顧客に対して上位のサービスを提供する形を作りましょう。
また、コンサルティングの受注はネットだけでは難しいので、既存顧客からの紹介制度、セミナー開催なども組み合わせていきましょう。

そのためにも、事業内容を絞り込みましょう。
対象とするお客様を絞らないと、発信が曖昧になり、誰も興味を持ってくれません。

国や地域、業種・業態、会社の規模、個人・法人、などを絞り、その上でオリジナル商品を考えてください。

コンサルタントは、最初は実績作りが何よりも大切なので、赤字受注でも構いません。
そのために会社員のまま始めるのです。

まずは価格よりもお客様の声、信用・信頼を集めることに注力しましょう。
その実績をホームページで公開しましょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】(現在はオンラインでも開催中)

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!