副業を始めるにあたり、開業届をすぐに出すものでしょうか?

● 質問

副業を始めるにあたり、開業届をすぐに出すものでしょうか?

現状の売上はゼロですが、恐らく月5万円程度はすぐに行けそうです。
配達に使うために、経費で車の購入を考えています。
昨年購入したマンションの一部屋を事務所として確保するので、ローンの一部を経費として処理したい。

月5万円程度は行けるとしたら、年間20万円の所得はもちろん超えますし、事業所得として申告するべきだと考えています。
ですが、失業保険がもらえなくなるなどのリスクもあるとのことなので、どのタイミングで出すべきか迷っています。
 

起業前質問集
 

● 回答

事業の形態はざっくり言いますと、個人の副業(雑所得)、個人事業主の事業(事業所得)、法人の3つがあります。
殆どの人は個人の副業からスタートし、何も届け出をせずにまずは動き出します。

起業18では、そこから、最初の1円、単発の売上、そして、事業と言える継続的収入が入るようになり、本業の年収を超えて独立、そのようなフローをたどる人が多いです。

ご質問者様は、月5万円ほどの継続的収入が見込めるとのことで、独立するにはまだ小規模すぎますが、事業をしているとも言えます。
車の購入なども視野に入れているとのことでしたら、腹を決めて開業届を出してもいいですね。
※そもそも罰則はありませんが、開業届は事業を始めたら(事業と言えるようになったら開業日を決めて)1ヶ月以内に提出することになっています。

一方で税務署との相談になりますが、あくまでも雑所得として申告を続けて粘るという考え方もあります。
60万円程度なので事業ではないという主張をすることになりますが、その場合、マンションなどの経費をどこまで認めてもらえるのかは、税理士さんなどと相談してみてください。

ひとつアドバイスとしましては、税金のことをあれこれ考えるより、まずは売り上げを伸ばすことが先だということです。
税金を考えるほど儲かったら、その時は税理士さんと契約し、相談をして対応を決めていきましょう。

副業は時間が限られますから、まずは成功させることに集中してください。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!