どうせ起業するなら100億円企業を立ち上げたいです。どうすれば良いですか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

起業とは会社(法人)を起こすイメージがあり、ハードルが高いと感じていましたが、新井さんの書かれた本を読み進めるうちに、自分にもできるのではないかと思うようになりました。

でも、本当に小さな興味でも形になって行くのか、まだ半信半疑ですし、どうせやるなら、2、3年後には100億円稼げる仕事をしたいと思います。
 

起業前質問集
 

● 回答

起業18のセミナーにも「100億円企業にしたい」「一攫千金を狙っている」「世界平和を実現したい」など、様々な方がご参加されます。ですが残念ながら、私の経験では、そのようなことを言っている方が実際にそれができた例に出会ったことがありません。

どんなことをするにも、初心者から始まるわけです。100億円の前に、1万円稼げるかです。情熱は素晴らしいです。大事なことです。ですが、そこに向かうためのファーストステップを踏み出せるかどうかが問われています。100億を夢見ていても、何もしないならゼロです。

100億円稼ぐには、元となる資金が必要です。数億円は必要です。自己資金では賄えないレベルでしょう。となれば借り入れですが、自分自身に、数億円借り入れるだけの信用があるでしょうか? 100億円稼ぐ前に、数千万円稼げる事業であったり、不動産なりの担保、信用が必要です。
 

グリーン
 

大企業は創業当初から大企業だったわけではありません。創業者が屋台から始めていたり、鉄くずを拾って売っていたり、そんなことから始まったのです。小さな物語、小さな資金、大きな情熱。それが世界を動かす企業へと成長したのです。

まずは、おっしゃっている「小さな興味」を起業の種にしてみましょう。100億円企業にしたいならば、まず小さく立ち上げて、創業補助金や公庫からの借り入れをして、数百万円の資金を投入して拡大していきましょう。

情熱を行動に移してください!


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!