オリジナル電気製品の開発で副業したいのですが・・・

● 質問

電子機器メーカで電子回路設計の仕事をしています。
この仕事は大好きで、 定年まで続けていこうと思っています。

ですが、 毎年のコストダウンのプレッシャーにより業績は決して良くなく、近い将来にリストラがあるという噂も出始めています。
そこで副業をしながら、定年後の起業に向けて準備をしなければならないと考えています。

今のこの仕事が好きなので、 この仕事の延長線で起業できないかどうかを模索しています。
大量生産のための商品開発ではなく、個々のお客様のニーズに合ったカスタマイズ商品を独自に開発し、提供していきたいと考えています。

ですが、一人で週末や夜に設計や製造をすることはもちろんできませんし、仲間を集めるにしても、どのような方法があるのか全くわからずに悩んでいます。
私の考えを実現するには、どのように行動して行けば良いのか、アドバイスいただけますでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

コストにもよりますが、ユーザーのニーズに特化した半カスタマイズ製品は、確かに需要はあると思います。

これまでのキャリアを活かしたいが、設計から製造まで一人で行うことは難しい、また情報や仲間をどのように入れたらいいのかわからない、ということですよね。
おっしゃいます通り、これまでのキャリアが素晴らしいものであったとしても、それは大きな組織の中での仕事ですので、一人でやるとなればまた別の話になってきます。

現実問題として一人で設計から製造までやることはできないですし、土日や夜に仕事をしたとしても、ビジネスとして成り立つまで持っていくには、相当の努力が必要になると考えられます。
また開発にかかる費用などを考えると、リスクも大きくなるでしょう。

ここは逆の視点で、そのような制約下においていったいどのようなビジネスが可能なのかを考え、もう少し小さなビジネスから始められるように考えてみましょう。

たとえば、既存製品の改造、改造まで行かずとも、「組み合わせ」でシステムとして使えるように提案するなどの業務はいかがでしょうか?

様々な経験や技術をお持ちだと思いますので、そのような提案をブログなどで発信することで、技術に興味のある人が集まってくるでしょう。
その仲間同士で相談することで、さらにアイデアは集まってくるものと思います。

改造したものや、組み合わせることによって、何らかの新しい用途や価値を生み出せる家電の使い方などを公開することによって、直接の受注には繋がらないかもしれませんが、それに興味のある人を集めることができるようになるでしょう。

そこから、たくさんの次の展開が見えてくると思います。

次第に、世の中の人がどこの部分に反応するのかが分かるようになってくるはずです。
そのジャンルに絞り込みをかけて行くことで、発信力もさらに高まり、将来のビジネスに繋がってくる可能性も見えてくるでしょう。

電気製品は価格競争も厳しいですから、カスタマイズ製品は高額になりがちで、最初のうちは難しいこともあると思います。
市販では買うことのできない、カスタマイズや組み合わせによるオンリーワン性がアピールできるといいですね。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!