起業する時の商品作り・開発・選び方はこうする!

起業をしたければ、『何をしたいのか』を決めなければなりません。
 

起業ミーティング
 

起業をするにはビジネスの方向性を決め、商品を作らなければなりませんが、実は、このビジネスの方向性決めや商品作りには、ある法則があるのです。この法則から外れると上手くいかない確率が上がります。ビジネスの方向性や商品を決める時は、『成功法則』を外してはならないのです。意味がよくわからないですか?

例えば、その成功法則の1つは『仕事を取り扱うこと』です。あなたのビジネスで、『仕事』についての何かを取り扱うこと。仕事の何かが改善する、何かを満たすということです。
 

ポイント ただの黒板消しは売れない。その理由は?

起業する時の商品の作り方

例えば、あなたが『黒板消しを売りたい』とします。あなたは『何屋さんですか?』と訊かれて、『黒板消し屋さんです』と答えるとします。そこで、『黒板消しを買ってください』と言っても、それはなかなか難しいでしょう。なぜならば、黒板消しという物は既にたくさん似ている物が存在していて、100円ショップでも買える物だからです。

ですので、仮にあなたが黒板消し屋さんを始めたとして、そのままで大企業に勝てるわけがありません。だとしたら、私たちはどうすれば良いのでしょうか? 例えば、黒板消しであれば・・・

『この黒板消しでホワイトボードをこすると、とってもよく消えるんです。ですので、プレゼンテーションがとても上手に見えますよ!』

と伝えます。つまり、仕事のパフォーマンスが向上して、上司に認められて、その結果もっと稼げるよりなりますよ! というストーリーで販売するのです。このようなプレゼンテーションが上手にできれば、もしかしたら、その素晴らしい黒板消しは、100円ではなく300円で売れるかもしれないのです。

これは何を示しているのか? と言えば、これは、『言葉の上に言葉を積み重ねることによって価値が上がる』ということです。『黒板消しです』と言ってしまえばそれで終わりになりますが、『プレゼンテーションが上手に見える黒板消しです』と言葉を積み重ねて表現することによって、物の価値を上げることができるのです。
 

ポイント どうしても3カ月はかかる!?

起業する時の商品の作り方

『起業する』とか『商品を作る』と言うと、とても大きく掴みどころが無いものすが、単純に言うと『好きなことや、やっていて楽しいことを繰り返した結果、成功の法則に当てはまる成果が見られるものを見つけること』と言えます。そこを探していきます。大体、見つけるのに平均3ヶ月はかかると思います。

どうして3カ月もかかるの? と言えば、実際にやってみて『これは違う!やり直し!』と思うこともよくあるからです。

例えば、あなたが湘南で『海の見えるカフェ』を、銀行から融資を受けて開業したとします。しかし、せっかくカフェオーナーになったのに、実際にお店にいられる時間は本当に短い間だけ。いつも裏方で、豆を仕入れたり、トイレ掃除をしたり、事務処理をしたり、雑務に終われ・・・。そして最終的に、『全然、思っていた仕事像と違うじゃん!』と、嫌になってしまったりするのです。

本格的に起業をする前には、そのようなことにならないように『お試し期間』が必要になります。そのような期間もあるので、あれこれ考えるだけでも平均3ヶ月はかかってしまうでしょうというわけです。諦めず、ぜひ、●●の条件をを満たす商品を探し、作り込んでください。

その条件はこちらの無料レポートに書いています!
 


 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!