観光で買ってきたお土産を日本で売っても良いのでしょうか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

癒しをテーマにしたバリ雑貨を輸入し、日本のネットショップで販売したいと考えています。

質問としては、バリに観光に行った際にお土産として買ってきた商品を、日本で売っても良いものなのでしょうか?

プライベートブランドで、そのお店のロゴが入っている商品なのですが、ショップに了解を取る必要がありますか?

もう一つの質問は、シャンプーなども売りたいのですが、これらは販売可能ですか?

お客様に肌トラブルなどがあった場合、責任を問われるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

自分用のお土産が不要になり、それを転売することは全く問題ありません。

ですが、厳密に言えば、お土産とは言っても、自分で使うためではなく転売目的で買ったとするのなら、きちんと小口輸入の手続きをする必要があります。
 

● 質問アメリカ(ニューヨーク)から、整髪剤を輸入して日本で販売したいと思っています。知り合いの美容室のオーナーに在庫として買ってもらい、余った分はネット販売をしたいと思います。現地に年に一回行くので、その時に買ってきてハンドキャリーしようと思っているのですが、個人輸入扱いで大丈夫でしょうか?日本でどのような手続きが必要でしょうか? 関税や必要書類はどうすればいいでしょうか?  ● 回答最初に、その整髪剤が薬機法の規制を受けるかどうかを確認しましょう。成分や効能などをどのように表示しているかなどに...

 

そのお店のブランドということですので、もしかしますと、日本に代理店があるかもしれません。トラブルを避けるためにも、一報を入れておいても良いでしょう。上手くいけば、代理店契約ができるかもしれません。
 

● 質問海外に関心の高い主婦層に向けて、輸入雑貨のネットショップを開業したいと考えています。海外各地にいる友人から、様々なものを仕入れて販売したいと思います。まず、手続きについてやるべきことを教えてください。次に、現地のメーカーとの契約について、そして、このビジネスの可能性についてどう思われますか?  ● 回答輸入雑貨のビジネスは既に確立されていて、やっている人も大勢いますね。ジェトロやミプロのサイトを見れば、相談窓口の詳細がたくさん掲載されています。輸入の流れについても、書籍も大量に販売されて...

 

人の肌に触れるものは雑貨扱いにならず、薬機法の適用を受ける可能性があります。詳しくは、都道府県などにお問い合わせいただければと思います。

個人輸入でネット販売などをする場合には、薬機法に関わらず、安全性に不安のある物を扱うことはお勧めできません。
 

● 質問手作りでオーガニックのシャンプーや石鹸を作り、販売したいと思います。ホームページで売る場合、やはり、住所などを開示しないといけないのでしょうか? また、PL法は関係してきますでしょうか?  ● 回答住所の開示というと、特定商取引法の表記のことですね。前提として、ネット上で決済をする場合「特定商取引に関する法律」に基づき、本名や住所、販売価格など取引に関わる条件を、ホームページ上に表示しなければなりません。   確かに、販売者の立場では(特に副業である場合)このような情報は出したくないという気...

 

事故があった場合は、PL法(製造物責任法)が適用されます。輸入者も日本におけるメーカーの立場で責任を問われます。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!