八百屋への売上アップコンサルティングで起業したいと考えています。

● 質問

実家が八百屋をやっているため、東京の八百屋や青果店への売上アップコンサルティングで起業したいと考えています。

有料メルマガでノウハウ提供をしたいのですが、顧客ターゲットを絞り込み過ぎでしょうか?

八百屋や青果店に絞らず、もっと一般的な店舗ビジネス、売り場を持つビジネスのコンサルティングの方がいいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

悩ましい問題ですね。
通常、ターゲットの絞り込みは、「ここなら一番になれそうだ」と思うところまで行うのが理想的です。

日本一が難しいなら、東京一まで絞る、という感覚です。
ですが、あまりにニッチ過ぎても、顧客を集めるために多くの広告宣伝が必要になってしまうケースもあり、判断が必要です。

売上アップコンサルやビジネス系塾は、クチコミ広がり難いという面もあり、東京の八百屋や青果店への売上アップコンサルティングを事業とする場合、近所の店舗にポスティングやDMで宣伝した上で、検索エンジンで上位を取れるようにホームページを充実させることになります。

検索エンジンで上位を取るのは、テーマがニッチですので比較的簡単だとは思いますが、検索数がどこまであるかです。

実際に八百屋さんや青果店に足を運び、話を聞ける人がいるといいですね。
「八百屋 売上アップ」に類するキーワードなどで、検索することがあるかどうか。

勝手な想像ですが、まずないだろうとは思います。
若手の経営者ならあり得ますけれどね。。

ニッチなテーマだけに、もし検索されるようであれば、遠くの店舗でも問い合わせをしてくれるでしょう。

ホームページに来た人に、ダウンロード資料を提供し、簡単な販促アドバイスをすれば、続きのコンサルを受けたいという需要も掘り起こせるでしょう。
ですが、そのような人がいそうか、そこはリサーチが必要ですね。

八百屋や青果店へのコンサルが難しいようでしたら、店舗ビジネスというくくりでやってみても良いでしょうし、一般消費者向けにBtoCで「良い野菜、八百屋の選び方」などの情報配信をして、別のビジネスを模索するのも良いでしょうね。

何にせよ家業である「八百屋さんである」という強みを生かせるのは良いことだと思います。
 

 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!