老夫婦が経営するお店の管理業務・マーケティング代行業は流行るか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

老夫婦がやっているお店のような、IT化ができていないお店の顧客管理、商品管理、マーケティングなどのお手伝いをすることを考えています。

高齢化社会、シニア起業、いきがい、健康寿命、いろいろな面から考えて、夫婦でお店をやる人が出てくるでしょうし、そのサポート需要はあると思います。対象は飲食店や一般商店になります。

このようなビジネスは成功すると思いますか?
 

起業前質問集
 

● 回答

いわゆる管理業務の代行、そしてマーケティングですね。

起業する人のほとんどは、全てのことができるわけではありません。マーケティングは殆どの人が素人ですし、営業系の出身者や職人さんなどは、管理業務が苦手な人も多いでしょう。ビジネスとして一定のニーズはあると思います。

大切なポイントは実績です。とにかくどこかでモデルとなる実績を作らないと、受注は困難でしょう。

実際にどこかのお店を手伝い、現場感覚の取得、ニーズ調査、サービスの確立を行いましょう。依頼(受注)から納品、集金まで、きちんと流れを決め、標準化しておきましょう。

お客様が管理系業務出身の場合には、特に細かいところまでチェックされるでしょうから、いろいろ経験を積んで教わりましょう。お客様の顧客の個人情報保護、文書管理も含め、きちんとマニュアル化できるといいですね。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!