オークション代行で田舎で起業するときの注意点は?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

私は、過疎が問題になっている田舎町に住んでいます。周りは老人ばかりです。

そこで、彼らが全くアクセスできていないインターネットビジネスの世界に、彼らをガイドできないかと考えています。

最初に思いついたのはオークション代行です。

彼らがアカウントをとって、写真撮影やテンプレートの作成などをやることはできないと思いました。大きな家に住んでいる人も多いので、基本、モノをたくさん持っている老人が多く、それを売って家をすっきりさせるお手伝いをしようと思います。

スッキリさせる必要性は、例えば断捨離や終活などの話題で教育し、オークション代行につなげていきたいです。

留意点などアドバイスいただけましたら幸いです。
 

起業前質問集
 

● 回答

素晴らしいアイデアだと思います。需要があるかどうかを調べることは必要ですが、終活などと絡めて教育するというのはよい方向性ですね。

普段ネットにアクセスしないご老人がいきなりオークションで出品することはまず無理でしょうし、代行としてはいいですね。オークション代行のビジネスはいくらでもありますが、地域密着型でやればいけるでしょう。

ですが、一通り出品が済めば、次がなさそうな気もします。継続的にビジネスができるようにするためには、商品を調達し続けなければなりませんから、過疎とはいえ商店街でお店をやっている人などと提携して、何らかの継続的な商品の調達ができるように考えてみましょう。
 

● 質問起業ネタとはまだ言えないのですが、とりあえず始めているヤフオク、アマゾンなどを利用した転売(せどり)で、利益を増やせないかを考えています。そこで質問なのですが、ヤフオクなどを見ると本やDVDなどの転売がされていますし、アマゾンでも中古本がたくさん売られています。これらは、そもそも法的に問題ないのでしょうか?例えば、新井さんの本の中古本を、私が転売しても問題はないのでしょうか? 著作権などはどうなっているのでしょうか?情報商材などもそうなのですが、購入して不要になったからといって転売している...

 

また、他人から預かった古物を販売(委託販売)する場合は、古物商の許可を取っておきましょう。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!