工場にコンサルティングをする仕事で起業したいのですが

● 質問

工場などに対して、業務のプロセスを指導するコンサルティングで起業を考えています。
まず何から始めればよいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

工場への指導ということで、BtoBになりますね。
日中に工場に出向いて打ち合わせなどを行ったりすると思いますが、会社員のまま可能でしょうか?

ご質問者様の環境次第ですので何とも言えませんが、一般的には難しいことが多いです。
しかし考え方次第ですので、だからNGということではありません。

たとえば、会社を辞めるまでは知り合いの会社に時間の融通をきかせてもらいながら実務経験を積み、一般企業と契約できる見通しが付いたら退職するなどの方法もあり得ます。
会社員のままコンサルをさせてもらえそうなお知り合いの工場はありますか?

一般企業が知らない会社員(副業でやっているコンサルタント)に指導を受けようというケースは少ないので、知り合いの工場から始めると良いと思います。
副業を隠してコンサルティングを行うのは厳しいでしょうね。
「どうしてあの人、打ち合わせに来ないの?」と言われてしまうでしょうし、相手の社員さんに与える影響も考えると経営者は歓迎しないと思います。

ならばネットでできないのかと考えたいところですが、業務のプロセス(改善?)を指導するとのことで、いわゆる改善提案、業務設計、組織の設計、新システムの導入指導(要件定義など含む)を行うのでしょうから、ネットで指導するのは難しでしょうね。
現場をしっかり観察したり、ヒアリングを行うことは必須でしょう。

コンサルティングではなく、いわゆる講座として工場責任者などに受けてもらう研修にすること、それをオンライン化することは理論上はできそうですが、その研修をネット上で売るには相当のブランディングが必要ですので、やはり営業活動が必要となり、会社員のままでは簡単ではありません。

これも無理と言っているのではなく、素晴らしい研修プログラムや講座ができれば、代理店に販売してもらうこともできるわけですが、少し手間と時間がかかりますね。

というわけで、まずは会社員のまま実績を積むために、知り合いの工場を探すこと。
そこから始めるといいと思います。

もし、そんなコネクションは無いという場合、

① コネクション作りから始めるか、
② 会社員のまま始められそうなBtoCにする方法を考えるか、
③ BtoBでも会社員のままできるようなコンサルティング内容に変える

などを考えてみましょう。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!