令和2年分確定申告の変更点のポイントを教えてください(税理士確認済)

● 質問

令和2年分の確定申告から、変更になる点がいくつかあると聞いています。

ポイント教えてください。
 

起業前質問集
 

● 回答

ポイント(1)青色申告控除の変更

これまで:
簡易的な簿記→10万円の青色申告控除
複式簿記(貸借対照表・損益計算書を作成)→65万円の青色申告控除

これから:
複式簿記(貸借対照表・損益計算書を作成)→55万円の青色申告控除
電子申告又は電子帳簿保存を行った場合→65万円の青色申告控除
 

青色申告特別控除 65万円控除の要件

・所得の種類が山林所得のみでないこと
・不動産所得の場合、事業として行われていると認められること
・複式簿記で記帳していること
・現金主義でないこと
・申告時に、記帳に基づいて作成した損益計算書と貸借対照表を添付すること
・確定申告の法定期限を守ること

引用:
https://www.freee.co.jp/kb/kb-blue-return/requirement/

 

ポイント(2)基礎控除額の増額(一定の所得以下の場合)

これまで:
所得に対して一律で全員38万円の所得控除

これから:
10万円増額(年収2,400万円以下の事業者)

会社員(給与所得者)は、所得控除±0円。
給与所得控除の上限が、給与収入850万円まで下がるため、高所得の会社員は増税。
 

補足:
給与所得控除に制限のかかる年収850万円超の人については、令和2年分の所得税より「所得金額調整控除」という救済規定が適用できるようになりました。ザックリ言えば、年間給与850万円超の人で一定の扶養親族がいる等の条件を満たすと「年収の額(1,000万円上限)と850万円との差額の10%を所得控除できる」という制度になっています。

参考:
所得金額調整控除 国税庁HP
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1411.htm

この制度を年末調整で適用するためには、以下の書類の記載、提出が必要です。
令和2年分 基礎控除申告書等
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/1648_73_r02.pdf
 

ポイント(3)ひとり親の考え方の変更

これまで:
未婚のひとり親は、所得控除が受けられなかった。

これから:
結婚しないでシングルマザー、シングルファザーになった人も、所得控除を受けられるようになる。
 

控除の種類としては、

(従前)寡婦控除 ⇒(従後)ひとり親控除と寡婦控除に分離
(従前)寡夫控除 ⇒(従後)ひとり親控除に変更

になります。

この「ひとり親控除」の方は、男女共通の適用要件、共通で35万円控除が取れます。
男性の方がシンプルで、ひとり親控除が適用され、35万円控除となります。

女性の場合、ひとり親控除と寡婦控除に分けられ、その使い分けについては、

婚姻してない女性等で、扶養親族が実子である場合
⇒ ひとり親控除の適用で35万円控除

① 夫と離婚した女性で、扶養親族がいる(子または親等)場合
② 夫と死別した女性の場合
⇒ 寡婦控除の適用で27万円控除

となります。

男性のほうはシンプルですが、女性のほうは細かい条件によってひとり親か寡婦か、適用できる控除が変わってきますので、ご留意ください。

扶養親族の所得要件も両方48万円以下です。
 



アイデア

初めての方へ:起業18フォーラムとは?

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!