起業する際、自分のお給料や従業員の賃金はいくらにしたらいいの?

● 質問

1月に独立します。
社員を一人雇う予定なのですが、お給料をいくらにすればいいのかわかりません。

なるべく多めに払ってあげたいですが、業績がどうなるのかもわからず、不安でいっぱいです。
どのように計算しておけばいいでしょうか?

また、自分のお給料はいくらにしたらいいのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

まずは独立おめでとうございます!
本来であれば、最初は社員を雇わず一人でやった方が安全ですが、人財が必要なのですね。

まず、地域の平均最低賃金を調べましょう。
現在の具体的な給与所得者の平均給与は、年号が変わればデータが古くなるので明言は避けますが、ご自身でお調べいただいて、平均賃金の目安は知っておいた方が良いですね。

雇用されている場合は、給与の基準は月単位ですが、経営側で考える人件費は、月単位ではなく年度で計算を行います。
その原点となるのが「最低賃金」です。
 

ポイント 最低賃金の計算方法

起業する際、自分のお給料や従業員の賃金はいくらにしたらいいの?

コスト
 

どのような商売でも、人件費はコストの大きな部分を占めます。
の計算方法ですが、基本的には、その業界の標準的な給与水準でなければ、必要なスキルは集まらないと考えるべきです。

まず、雇用する社員が業界初心者レベルなら、年齢に関係なく最初に1時間単位で計算します。
例えば、その地域の最低賃金が1000円だとしたら、8時間の所定労働時間でこれを労働日数21日で8×21で168時間と計算します。(※一年の7分の5が平日であるとして。)

これにより時給1000円ではおよそ17万円ですから、大体この前後が基本給となります。
仕事に不慣れなうちは離職率も高いので、初めの1か月~3か月間を時給換算で計算するケースも多いです。
 

ポイント 役員報酬の決め方について

起業する際、自分のお給料や従業員の賃金はいくらにしたらいいの?

順番
 

これは、起業する際には前提としない方がいいでしょうね。
なるべく正確なコスト計算が必要となるからです。

事業計画では役員報酬は最後に決めるのがいいと思います。
先に取り分を決めるという考え方の先生もいますけどね、、私は反対のタイプです。

厳密に計算しないと、経営を失敗してしまうと思います。
役員報酬は多くても少なすぎても問題になるのです。

考えるポイントは3つです。
 

1.経営者の個人所得を多くすることで、私財を確保しておきたい。
2.会社の納税後の利益確保で、資本を増やしたい。
3.今後の成長ペースを見込んで、投資用キャッシュを残しておきたい。

 

この3つのバランスです。
 

中でも3つ目のキャッシュフローの考え方が重要で、起業後は、自由に動かせる「現金」が必要になります。
起業スタート時は、自分の給与はなるべく抑え、必要となるコストを差し引き、税引き後の残ったお金を貯めておくということです。

小さな会社が負債を抱え込むのは危険すぎます。
取引上で必要に迫られる規模の商売になり得た頃から、2つ目の資本を増やす観点に切り替えましょう。

自分の報酬が少ないのは残念かもしれませんが、継続して利益を確保するのが本分です。
致し方ないですね。
最初から風呂敷を広げるなということです。
 

ポイント 安い給与でも人を集める方法

起業する際、自分のお給料や従業員の賃金はいくらにしたらいいの?

起業支援セミナー
 

最後に、安い給与しか払えないから、事業は大きくできないというのは間違っています。
確かに、雇用を考えた時に、低い給与は低い待遇と言われても仕方ありません。

しかし、会社を継続し、長期の雇用で熟練した社員を育て、段階的に立場を引き上げ、給与を少しずつ増やすことも、ひとつの考え方です。

経営者の裁量次第ではありますが、急がば回れで、所定労働時間を守り、社員が健全に、幸せに働くことができる環境を作ることも大切なのです。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!