会社員ではないのですが、高校生(10代)で起業してもいいのでしょうか?

● 質問

メルマガを購読している高校一年生で、現在16歳です。
会社員ではないのですが、高校生で起業してもいいのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

アメリカなどでは、IT関連企業やベンチャーキャピタルでは、20代前半からの起業が中心です。
日本では、20代後半から30代前半が多く、大学中退の方もよくいらっしゃいますね。

では、高校生の起業はどうでしょうか?
実際、女子高生社長なんてのがいましたから、できることは間違いなさそうですが、、
 

もちろん、会社自体は興せますね。
法人登記時に必要な印鑑証明も、満15歳以上であれば所得可能ですので、問題はないのでしょう。

ですがそもそも、会社を作ることと起業することとは、ややニュアンスが違います。
会社は持てますが、ビジネスができるのか、ということですね。
 

特にお金の問題。
 

つまり会社の資金源はどうするのか、といったことが頭に浮かびます。
お小遣いで起業、バイト代で起業・・・?

アルバイトは時間がなくなってしまうので、起業をするのは難しそうですね。

高校生が学校に行きながらどのようなビジネスをするのか、できるのかについてですが、、、そう言えば、かつて、女子高生社長がトレンドマーケティングで起業したケースもありました。
やはり、主には、スマホアプリ開発やWEBサービスの提供、それとマーケティングを活用したリサーチサービスなどが多いですね。

学業との両立ということもあり、SNSを利用したインターネットを活用した起業が多く、空き時間を利用し、SNSやスカイプなどの無料サービスを使って、同世代同士で情報交換を行い、横のつながりを活かしてリサーチや技術の分担を行うというスタイルが多いですね。
今はクラウドサービスがあるため、互いの成果物共有もネット上で簡単に行える環境があるのも、それを可能としている理由でしょう。

中にはセミナーや講演などで報酬を稼ぐケースもあるのかもしれませんが、社員を抱えて実務をしている会社があるのかと言えば、見た限りではほとんどなさそうです。
 

ポイント 実際に10代で大金を稼ぐ若者とは?

会社員ではないのですが、高校生(10代)で起業してもいいのでしょうか?

ゲームコントローラー
 

一方で、海外では数千万から数億円を稼ぐ10代の若者は、数万人規模で存在します。

例えば、プロゲーマーの世界。

対戦型オンラインゲームなどの国際大会の賞金は、既に数億円規模になっています。

「プロゲーマーが起業なの?」と思われるかもしれません。
確かに、起業とは違うかもしれませんが、ビジネスにとても近い空気感です。

世界的な大会を見てみると、ゲーマー同士がグループとして報酬配分を原則的に決めており、主任や責任者、リーダーと各種役割が設定されて、大会でも人員配置をコントロールするなど、ある種の事業体を構築していたりします。

彼らの多くは、ゲームキャリアを10代初めにスタートし、日本人、中国人、台湾人もかなりの数の人が活躍しています。
ゲームクリエイターの道を希望している人も多く、独立志向も強そうです。
有望な起業家の卵、という感じですね。
 

ポイント 10代の起業準備は成功者への階段か?

会社員ではないのですが、高校生(10代)で起業してもいいのでしょうか?

高校生フェス
 

高校生が起業の準備をすることは、成功への近道になるのかどうか?
どうでしょうか・・・、その人次第??

ですが、アルバイトは、コンビニや飲食などの現場仕事が中心でしょうから、専門職としての接客スキルは身につきますが、キャリアアップに確実につながるとは言えないですし、社会勉強として、アルバイトより一歩進んだ「仕事の本質」を知る、経験するという意味では、起業をしてみるのは面白いのかもしれませんね。

人の交流も、学校での人間関係とは異なりますから、収穫も多いでしょう。
報酬、収入よりもメリットは、そちらの方が大きい様に思いますので、お金、お小遣い欲しさに起業するというのでしたら、アルバイトの方が手っ取り早いですし、よい選択だろうと思います。

会社員のまま起業することと違い、学生には宿題もありますし、青春を楽しむという大切な仕事もあります。
無理に起業などを考えずに、今を楽しんで欲しいと思うのですが、それは私がオジサンになったからでしょうか・・・。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!