教材(マニュアル)販売のテキストは何を使って作ればいい?

● 質問

新井さん、お世話になっております。

私は留学時代の経験を活かして、アメリカのハイクラスのレストランに行った時に恥を書かないためのマナー、知識、英語のノウハウを販売しようと思っています。

一般的なレストランではなく、あくまでもニューヨークやワシントンによくある高級店に絞り、その際の予約や注文を下手な英語でしてしまったりして、恥をかくことを防ぐためのマニュアルです。

シチュエーション別にまとめ、マンガを使った開設も入れ込みたいと思っています。
ビジネスマンや観光客に需要があると確信しています。

このようなものを作る場合、何を使って作ればいい?
アドバイスをお願いします。
 

起業前質問集
 

● 回答

なるほど、面白い教材ですね。
個人で買うよりも、会社に一つあれば共有できると考える会社はあると思います。

英語は自分で本を見てフレーズを覚えても、相手が何を言っているのかが理解できなければ仕方ありませんし、その場独特の英語があるのでしたら、マニュアルは欲しいですね。
私も海外ビジネスの経験が長く、下手な英語で困った経験も多いですから(^_^;)、その辺りの需要はよくわかります。

教材を作る場合は、ワードやパワーポイントを使ったPDF、動画、或いはホームページ上でパスワードをかけたページで作る方法もあります。
パワーポイント動画に音声を合わせるのもいいでしょうね。

Eラーニングで作る方法もかつては流行りましたが、今はわざわざそのような高額なシステムを利用せずとも、上記のように代替できるものがいくらでもありますので、組み合わせて利用するといいでしょう。

動画はYouTubeでもいいですが、例えば会員制にしたときに、退会した人がURLを知っていると動画が見えてしまうなどの仕組み上の問題もありますので、VIEMOの方が使い勝手がいいかもしれませんので、検討してみてください。

販売方法は色々ありますが、簡単なのはSTORES.jpなどを使うか、ダウンロードマーケットなどのポータルサイトに登録することです。
ヤフオクなどでもいいですね。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!