みずほ銀行が副業を解禁したところで、中身が変わらなければ何も生まれない

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

2019年、みずほ銀行が副業を解禁しました。金融機関が副業解禁って、、すごいことだと思います。

求めていることは、社員がお小遣い稼ぎをすることではなく、社内で新しいビジネスができるような人材を育てること。起業家魂を身に付けてほしいということですね。

でも、実際は、超安定志向のまま起業家魂を身に付けることは、容易ではありません。

辞めるかどうかは別として、独立して食べていくこと、そして、それを何年にも渡り継続していくということを目標にして取り組まなければ、成長は望めないでしょう。
 

ポイント 中身が変わらなければ何も生まれない

みずほ銀行が副業を解禁したところで・・・

メガバンク
 

起業家魂の育成は、3つの配分を変えていくことから始まります。それは以下の3つです。

  1. 意識の配分
  2. 時間の配分
  3. お金の配分

どのような起業の種類、やり方を選択するにしても、上の3つの配分は会社員時代のそれとは明らかに変えていかなければなりません。

今までと同じ考え方(指示待ち労働者思考や極端な安定志向)、時間の使い方(生活のために朝から夕方まで働くだけ)、お金の使い方(節約や無駄遣いばかりで自己投資をしない)では、何歳になっても、同じ道をループし続けるだけです。

上の3つをそれぞれどのように配分するのかは、あなたが選ぶ起業の種類、やり方によって、微妙に異なります。正解はありませんが、今までと違うことだけは確かです。

会社が何を許可しようがしまいが、そこに依存し、そこに居続けることを目標にしていては、何も変わりません。

起業家として成長し、中身が変わるからこそ、新しいビジネスができるようになるのです!


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!