30代の女性が「起業したい」と思ったら、まず知って欲しいこと

人生の中で、30代は、活気に満ち溢れ、公私共に絶頂期を迎える時期です。

あなたは、30代ですか?
これからですか?
もう終わってしまいましたか?
 

文化放送
 

結婚して子供がちょうど幼稚園、2~3歳で子育てに追われている人もいるでしょうし、育児に専念しながら順風満帆な生活を送っている人も多いと思います。
と言っても、女性の社会進出の傾向もあって、私の周りでは独身女性が多いです。

今は、大企業では育児休暇の制度が整っていますし、時短勤務など女性が働きやすい環境が整いつつあります。
産休から1年で職場復帰できる女性が多く、寿退社する女性は今となっては殆どいません。

30代の女性では、役職に付き、主任や課長としてバリバリ育児をしながら仕事をこなしている人も増えました。
30代で起業を目指す女性も、どんどん増えています。
 

ポイント 将来の夢は全て叶えるつもりで行こう!


 

あなたが30代の女性だとして、将来の夢は何ですか?
 

「子供を立派に育てたい」
「そろそろ結婚したい」
「アパレル業界で成功したい」
「起業して〇〇をしてみたい」
 

など、100人の女性がいたら、100通りの答えが返ってくることでしょう。

中には、病気で毎日が辛いと感じている方もおられるかもしれません。
仕事ができずに、家の中で引きこもっている方もいることでしょう。

実は、私も30代の時、仕事のストレスによってうつになってしまったことがあります。
上司からのイジメ、嫌がらせがひどく、出張に行っている間に席がなくなってしまうかと、いつもビクビクしていました。

私がある取引先と契約を交わした後にゴルフ接待をしている間に、上司がその契約を取り消し、契約を取り消した会社のライバル会社と契約を進めてしまったり、そんなめちゃくちゃな状態だったのです。

朝になると身体が震えてしまい、仕事を休んだり、安定しない日々が続きました。
そのような日々が、ますます私を会社から遠ざけました。

でも私は、会社員をしながら起業していました。

自分で事業をしていましたので、その上司が、「●●(←その上司の名前)式ビジネスとは・・・」など言ってきたり、その上司のコバンザメ連中がそれをメモを取るように聞いている姿を見て、「この人、会社から仕事もらっているだけなのにねぇ」って思っていました。

自分の事業の時間は、本当にイキイキできて、幸せだったのです。
 

ポイント 30代ならすぐにできる、あなたの経験や知識を活かして起業するという選択

ビジネスウーマン
 

30代なら、しかも女性なら、すぐに起業できます。
私の経験からわかるのは、男性より、女性の方がビジネスに向いています。

起業したいのなら、以下のように進めてください。
細かい話はあとで構いません。
 

考えること(1):
あなたの興味関心、趣味は何ですか?
 

「結婚」「子育て」「生活の知恵」「貯金する方法」「時間を効率よく使う方法」「旦那に料理を作ってもらう方法」「美味しいレシピ」など、生活から学ぶことは沢山あると思います。
一日の生活の中で、「音楽を聴く」「テレビを見る」「映画をみる」「友人と食事に出かける」こともあるでしょう。

まず、自分が関心があり、人よりちょっと興味が強いテーマを1つを選びます。
そして、そのテーマについて何をするのかを考えるのです。

物を売るのか、スキルを売るのか、ノウハウを売るのか、皆を集めて何かするのか、など。
それが、今の時代の低リスク起業のスタイルの最初の一歩です。
 

考えること(2):
時間を確保することはできますか?
 

一日の生活の中で、「ホッ」と一息できる時間がありませんか?
主婦なら、日中の昼食後や子供が寝静まった後の時間帯、仕事をされている方なら電車の中でも、30分~1時間あれば十分です。

もちろん、集中してやる日も出てきますが、平日は、「塵も積もれば山となる」ではありませんが、時間を少しずつ積み重ねることで何とかなります。

毎日少しずつしかできませんから、早く始めた方がいいのです。
検討中・・・とずっと言っている人、様子見で「どうやるか」ではなく、「やるかやらないか」で悩んでいる人がいますが、「そんなに長生きできるの?」と思います。

しかし、人生や時間というものは、お金で買うことも元に戻すこともできません。
前に進む方が、私は充実させられると思います。
 

ポイント 理想の職場は自分で創る!

万歳をする女性
 

多くの人にとって、仕事は「面倒なこと」だと思います。

好きだけど、休みは嬉しい。
でも、本当に好きなら、どうして明日会社に行きたくないの?

あなたの仕事への意識は、どのようなものなのでしょうか?
5秒間、「目を閉じて」意識してみて下さい。

さて、どのように感じましたか?
 

  • しんどい
  • 生活を維持する為
  • ストレス
  • 上司から色々言われるのが嫌だ
  • 辞めたい
  • やらされてる
  • わたしのやりたいことと違う
  • 楽しくない

 

など、様々な思いを抱いたことでしょう。

これらは、起業しなければ、解決不可能です。
部分的には解決しますが、サラリーマンでは中々難しいでしょう。

では、逆に理想的な職場はどのようなイメージですか?
 

  • 楽しい
  • わたしのやりたいことだ
  • このままずっと続けたい
  • 職場環境がとてもいい
  • お給料もたくさん

 

という印象が頭に浮かぶことでしょう。

楽しくやりがいのある仕事で、環境もいいし、このまま継続していきたいと言える仕事は、自分で創るのです!
 

理想をあなたの手で創ってしまおう

その環境を手に入れられる仕事の形態を作ってしまえばいい。
そう考えましょう。

たとえば、子育てしながら時間が制限ある中で、如何にして楽しく理想的な起業をできるのか?
そうすると、じゃぁ、パソコン一つでできる仕事を考えてみよう、などと決まっていきます。

制限や制約を先に考えることで、その中でもできることが決まってきます。
何でもいいと考えると、逆に決まらないこともあるんです。

でも、いくら仕事や子育てで時間がないとは言っても、株やFXでは、幸せなビジネスはできません。
あくまでも余剰資金で、時間をかけて行うのが投資による副業。
30代の女性が自立し、幸せになるための人生設計とは、ちょっと違ってきます。

最初はお小遣い稼ぎレベルから始めてもかまいません。
それをベースに、少しずつ大きくすればいいのです。
 

ポイント 女性が起業しようと思ったら、どんなビジネスをすればいいのか?


 

最近ではアフィリエイトなども流行っていますが、成功率が極端に低いので、次の展開を考えつつ「情報発信の最初の一歩」として考えましょう。
そこをメインで考えない方がいいです。

そしてもちろん、ネットワークビジネスもNG。
会費が発生し、セミナーに参加しなければならなかったり、在庫を抱えてしまうこともあります。
家族、友人からの信用をなくしかねません。

友人が、顧客も得られないまま信用失っていく姿を目の当たりにしたこともあります。
ピラミッドの上層部だけが儲かる仕組みなのです。

そのようなおかしな儲からないビジネスに手を出すのではなく、もっと基本的なことを考えましょう。
周りの人に喜んでもらえることをする、そこだけです。

あなたの周りで困っている人がいたとして、「その人の為にできることはないか?」と考えます。
もちろん、お金をあげるのが一番かもしれませんが、そういう視点ではなく、そのような人達のためになることを提供できないかを考えます。

交流の場を作る、相談に乗る、アドバイスをする、手伝ってあげる、物を使ってもらう、色々な切り口があります。
あなたの「楽しさ」を通じて、その人たちの役に立てることがわかると、それがビジネスになっていきます。
 

また、女性は仲の良い友人と一緒に起業したいと考える人が多いです。
男性でも、同僚や仲間同士で起業したがる人が時折います。

ですが、それはやめた方が良いです。
ほぼ、分裂します。

意見の対立により仲がギクシャクしてしまう、役職の関係上、上司と部下の関係になってしまう、そんなことが関係性を壊してしまいます。

仕事と友情は両立できません。
上下関係が生まれ、意見の違いによって「感情のすれ違い」「公平性が保てない」ということから、同じ職場で働くことは適さないのです。
 

30代女性が起業する上で大切なことは、これまでの10年近い社会人経験、人生経験をベースに、自分が楽しいことを通じて身近な人を助けることを考えることです。
そして、いきなり仕事を辞めることはせず、自分の生活に合った時間を確保して小さく始めることです。

楽しいことから始めて、計画的に持続可能な範囲で、生活リズムを変えることなく無理のないよう、ステップアップをしていくことが大切になります。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!