元気のない地元商店街をアピールする町興しをビジネスにしたいです

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

元気のない地元商店街をアピールするPDFファイルの配布を考えています。

私の地元はいわゆる地方都市で、東京や大阪に本社のある会社の支店が数多くあります。単身赴任者や、出張で訪れるビジネスマンがたくさんいますが、地元に古くからある商店は、いまひとつ彼らを取り込めていません。

そんなビジネスマン向けにアピールする情報発信をサポートしたいのです。どのような形でこれをビジネスにするか悩んでいます。

食べログとのバッティングも気になります。
 

起業前質問集
 

● 回答

ターゲットは良いと思います。宿泊する人も多いのでしたら、コロナが収まった後には、夜の食事も楽しみのひとつですしね。

ビジネスパーソンが必要とする情報、たとえば接待用のお店や地元でしか買えないもの(お土産)の情報、或いは、電源が使えるカフェやビジネスセンター、単発で使えるジムがあるのかなど、地元密着型の情報がまとまっていれば便利だと思います。
 

地方
 

どのようにお金を生み出すかというビジネスモデルについては、イチバン簡単に思いつくのは広告ですね。

商店からもらうハードルが高いのでしたら、サイトにGoogle広告を貼ったり、アフィリエイトをするなり、簡単なところから始めてみると良いでしょう。

広告モデルでいくためには、集客力を高める必要があります。情報は無料で掲載、提供し、アクセスを集めていく必要がありますね。取材力が必要になります。

集客できるようになれば掲載を有料化することもできますが、個人でやるには相当の努力が必要になるので、まずはそこを考えずアクセスを上げることに集中しましょう。

食べログとのバッティングですが、飲食店の情報を掲載する場合には、これは避けられませんね。ですが、取材による店長インタビュー、しげ旅のような食事動画を出してみるなど、差別化はできると思います。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!