出版するには? 何をしたら良いのか方法を教えてください

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

新井さんみたいに本を出版して、自分の考えを世の中の人に知って欲しいと思います。

具体的に何をすれば、出版できるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

出版不況と言われてはいますが、本を出版すると、確かに人生が変わります。

誰でも出版できる時代などと書いているブログも見かけますが、出したい人が皆出せるのかと言えば、そんなことはありません。

出版には、著者負担のない商業出版(出版社がリスクを負う)、著者が費用を自己負担する自費出版、そして、その中間の出版方法があります。

自費出版、中間の出版であれば、殆どの場合、お金を積めば出版は可能です。条件によりますが、およそ40~60万円、200万円を超えるようなオファーもあるようです。

但し、本屋さんに並ぶことは稀ですし、一般の人が買ってくれることは殆どありません。
 

ポイント 出版したい人がやるべきこと

出版するには何をしたら良いのか?

出版
 

出版はビジネスです。

自費出版であれば、著者が数百万円払えば済むことですのでスムーズですが、商業出版の場合、出版社さんの立場で全てを考えなければいけません。

出版社さんは、売れない本を売るわけにはいきません。

つまり、著者の言いたいことが売れることであれば良いのですが、そうでない場合には企画は通らないということです。

著者になるために日頃からできることとしては、明確なコンセプト(他人と違う視点)を提唱した上で・・・

  • ブログを書く
  • メルマガを発行する
  • YouTubeで発信する
  • TwitterやInstagramで発信する

ことが大切です。

これらの(偽りではない)読者やフォロワーが数十万人になれば、出版社からお声がかかる可能性も出てきます。ようするに、著者に販売力があるかどうか、なのです。

また、出版できたとしても、多くの著者は、最初の一冊目で終わってしまいます。最初の本が売れるかどうかは、次につながるかどうかの極めて重要な判断材料になりますので、書く3倍の努力をして売りましょう!
 

● 質問アメブロ経由で出版の誘いを受けたのですが、話を聞いてみると私が費用を負担するようです。出版の知識がなく教えていただきたいのですが、最初、先方からの話では私の全額負担という話でした。お金がないとお断りすると、今度は、共同出資で、私の出した費用で無料で200冊、印税も支払うという話をされました。これはいわゆる自費出版というものでしょうか? 出版は商業出版じゃないと効果が無いという話も聞きますが、どう違うのでしょうか?  ● 回答言い方を変えた自費出版の売り込みですね。共同出版、協力出版とも呼ばれ...

 

一方で、Kindleなどの電子書籍であれば、誰でも簡単に出版できます。そこから挑戦しても良いかもしれませんね。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!