東京で起業や副業をする6つのメリットと4つのデメリット

自分でビジネスを起こしたい、または副業で稼ぎたいという方は、地盤を東京に固めて・・・と思っている人が多いと思います。
私自身も、地方での地方での起業をお考えの方も応援したいという気持ちがありますが、現状においては、東京周辺の方がビジネス的に何かとメリットが多いのが現実です。
 

ビジネスマン
 

そこで今回は、東京で起業や副業をする際の6つのメリット、そしてデメリットをまとめてお話しししたいと思います。
これから東京で起業しようとお思いの方も、地方か東京かでお悩みの方も、ぜひ参考にしてみてください。
 

ポイント 東京で起業や副業をする6つのメリット

東京で起業や副業をする6つのメリットと4つのデメリット

自動改札
 

メリット1.人脈が広がりやすい

東京で起業・副業をするにおいて、まず一番のメリットは「人脈が広がりやすい」という事ではないでしょうか?

もちろん地方の起業家間でも人脈は広がっていきますが、どうしても起業セミナーの開催数などから見ると東京の方が有利になります。
人口の多さはもちろん、各地でセミナー以外の交流会なども連日行われており、経営者などと知り合う可能性は地方より格段上といえるでしょう。
 

メリット2.優秀な人材が揃っている

人脈が広がりやすいということは、人口が多いということ。
そして人口が多いということは、ビジネスにおいても優秀な人材が揃っているということを表します。

起業して成功をおさめるためには、優秀なチームを組まなければなりません。
そのチームに必要な高い能力を持つ人材と出会うためにも、やはり人口の多い東京は、起業においてベストな場所と言えるのです。
 

メリット3.情報量の多さ

東京は様々な情報をキャッチできるという点でも非常に有利です。
もちろん全ての情報が良質なものかどうかはわかりませんが・・・(^▽^;)

しかし、ビジネスをはじめに経済関係、投資、芸能界のトレンドまで、地方に住んでいる時とは比べ物にならないほどの情報が入ってくるのは確かでしょう。
起業・副業を行う際に重要となってくるのは「どれだけ情報を持っているか」、また「情報の取捨選択能力」です。

新しい世界観の話を大量に取り入れ、良質な情報とそうでない情報の見極めがうまくなることでビジネスの立ち回りも上手くなるはずですよ。
 

メリット4.通信環境が整っている

地方は未だに携帯の電波などが入りにくく、通信環境が整っているとは言い難い状況の地域が存在するのも事実です。

その反面、東京ならば取引先とのデータやり取り時などに、通信の不便を感じることはほぼ無いと言っていいのではないでしょうか。
飛行機や新幹線の中のWi-Fiが不便なくらいですかね。

やはりインターネット環境がしっかりと整っている東京都内が、ビジネス的には安心かもしれません。
 

メリット5.電車やバスなど公共交通機関が発達している

東京都内で起業・副業を行う際に、移動手段の確保も大切です。
都内であれば、電車やバスなどの公共交通機関が発達していますが、地方となると線路が通っていない地域があったり、1時間に1本しかバスが通っていなかったりなどがざらにあります。

そういった場合、主な移動手段は車になりますが、営業用の自動車購入費や燃料費などにお金がかかりますよね。
電車であれば、発着時刻もきちんと指定されていますので、クライアントとの待ち合わせなどに遅れることも少ないでしょう。

そういった点から、車ではなく公共交通機関を使用しているという起業家も多いと言います。
 

メリット6.直接的に顔を合わせてコミュニケーションが取れる

都内で起業をすると、直接クライアントと顔を合わせてミーティングなどが行えるのも強みです。
丁寧な仕事は打ち合わせから、そして丁寧な打ち合わせを行うためには、人と人とのコミュニケーションが大切です。
顔を合わせて仕事の話をする、また食事に赴くなどの機会も、都内であれば格段に増えるのではないでしょうか。
 

ポイント 東京で起業や副業をする4つのデメリット

東京で起業や副業をする6つのメリットと4つのデメリット

ビジネスマン
 

デメリット1.物価・人件費が高い

東京で起業することの一番のマイナス面は物価や人件費の高さでしょう。
東京はコストの高さでは、世界でもトップレベルに高いと思います。

そうなってくると、当然ビジネスの維持管理費も高くなりますよね。

賃料を抑えるためのレンタルオフィスやワークスペースなどの利用も増えてきましたが、それでも地方で起業・副業を行うのに比べればコストは高くなりますので、十分な資金を確保しておく事をおすすめします。
 

デメリット2.自然災害の物理的・経済的ダメージの可能性

東京で仕事をこなしていく場合、万が一の災害なども不安要素のひとつです。

今後30年以内に70%以上の確率で起きるかもしれないという東海大震災や、首都直下型地震による物理的・経済的の致命的ダメージを考えると、東京での起業には少し不安を感じる方もいるかもしれません。

ですが、、、これは日本にいる以上同じリスクかもしれませんね。 
 

デメリット3.環境変化が激しいために、仕事の展望が見え辛い

地方よりも都内のほうが起業家は遥かに多いです。

そのため、仕事を軌道に乗せることは容易ですが、変化が激しいために長期的な展望は中々見えづらくなります。
その点、地方は見通しが良く、仕事が軌道に乗りやすいことが利点ですね。
 

デメリット4.同業他社との競争が激しい

東京などの都会で起業・副業を行うということは、同業他社が多い環境に身を置くということにつながります。
激しい競争に勝ち抜く意志と覚悟、そして仕事の才能が必要となるでしょう。

しかしライバルが多いということは、意識の向上にも繋がりますので、自分のビジネススキル、レベルも格段に向上する環境だとも言えるでしょう。
 

ポイント 東京の雰囲気を感じることがビジネスの成功に繋がる

東京で起業や副業をする6つのメリットと4つのデメリット

ビジネスマン
 

東京で起業・副業を行う際のメリット・デメリットをご紹介しましたが、必ずしも「東京で起業しなければいけない」というわけではありません。
売れっ子作家は、どんどん地方に拠点を移すように、生活コストを下げることでスローライフを送ることも十分に可能なのです。

東京での起業にはそれなりの勇気や覚悟も必要ですし、何より絶対に成功するという確率は100%ではありません。

ですが、自分で何かを始めようと思った際に、まずは東京近辺で勝負し、雰囲気を肌で感じてみるということも、今後の展開において非常に有効のではないかと思います。
東京で自分を鍛えて、地方でその力を使って貢献することも、立派な選択だと思います。

迷っているくらいなら、まずは東京の起業セミナーに参加してみてください。
起業はあなたが思っているよりも非常に簡単ですから、一度やってみてください!

東京の会社に転職して、1、2年、東京近郊に住みつつ、会社員のまま小さく起業し、事前にじっくりとシミュレーションをして、準備が整ったら地元に戻って起業する。
これは好きなことで起業するための、ひとつの勝利の方程式だと思います。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!