起業の成否は事前の準備で決まる!今すぐ行うべき3つのこと

起業を思い立ったら、すぐにでも準備を始めることが肝心です。
起業に向けた事前準備が十分でなければ、起業を成功に導くことは難しいでしょう。
また、起業後は事業に専念するためにも準備は大切で、しっかりとした準備をすることで事業が軌道にのるまでの期間も短縮できます。
 

スタートライン
 

このページでは、起業における事前準備の重要性を確認するとともに、起業前に行うべきことや準備すべき物を紹介します。
 

ポイント 起業における事前準備の重要性

起業の成否は事前の準備で決まる!今すぐ行うべき3つのこと

チェックリスト
 

起業してから事業が軌道に乗るまでの期間が最も大変です。
この期間を乗り越えることができるかどうかは、起業に向けてどう事前準備をしたかによって左右されるといっても過言ではありません。

起業後は事業に専念して、利益をアップすることが重要です。
起業してから事業以外に余計な時間を使わないためにも、起業前の事前準備をしっかりしておくべきです。
起業前に準備したことが、起業後に役立つケースはたくさんありますので、起業に向けた準備期間を大切にしましょう。

起業の事前準備として行うべきことや、準備すべき物をあらかじめ知り、起業準備期間中に余裕を持って取り組むことが大切です。
 

ポイント 起業の事前準備で行うべき3つのこと

起業の成否は事前の準備で決まる!今すぐ行うべき3つのこと

グラフ
 

起業の事前準備として欠かせないのが、「市場調査」「事業計画」「資金準備」の3点です。
 

1.市場調査を行う

どんなに起業アイディアが優れていても、また取り扱う商品やサービスが良質であっても、市場にニーズがなければ事業は成立しません。
市場にニーズがあるのか、提供する商品やサービスの価格は妥当なのかなどを起業前に調べるのが市場調査です。
数字や数値などでターゲットとする市場を把握し、どうすれば商品やサービスが売れるのかを調べていきます。

市場調査と一口にいっても、その手法はさまざまです。
アンケート調査や面接(インタビュー)による調査のほか、最近ではPCやスマホなどの普及によってインターネットを利用した調査も増えています。
いずれにしても、調査の方法を間違えると調査結果がまったく意味のないものになりかねません。
調査の目的と手法、計画などを詳細に詰めて市場調査をすることが大切です。
 

2.事業計画を練る

事業計画とは、これからどのように事業を進めていくか、売上高や損益をどのぐらい見込むのかを計画することです。
これらをまとめたものが「事業計画書」です。
事業計画書がなくても起業は可能ですが、起業に対する考えを事前に整理するのに非常に効果があります。
事業計画書の作成を通じて、事業の計画や見込みに曖昧な点がないかどうかをチェックしながら、徐々に精度を高めていきましょう。

事業計画書の書き方が分からない場合には、起業支援の専門家に相談することができます。
最近では、都道府県や市町村レベルで起業家を支援する動きが広がっており、地域によって相談窓口を設けているケースがあります。
 

3.起業資金を準備する

どんな事業を起業したとしても、必要になるのが資金です。
起業資金を準備することは、起業の最低条件です。
そのため、起業を思い立ったら、すぐに起業資金の準備に入ります。
事業計画書を元にしながら、事業にいくらの資金が必要なのかを計算し、必要な資金を工面します。

ただ、起業してすぐに銀行などの金融機関から融資を受けることは難しいのが実情です。
そのため、まずは、起業資金は自己資金で賄うことが基本です。
銀行や信用金庫などに預金口座を作って、計画的に貯蓄していきます。
また、そうした計画的な貯蓄ができていれば、将来融資を受ける可能性のある金融機関に対するアピールにもなります。

事業規模によっては、自己資金だけでは起業ができないケースもあります。
その場合は、金融機関から融資を受ける、地方自治体などの補助金や助成金を受けることを検討します。
いずれにしても、融資が受けられるかどうかは事業計画書の内容を元に判断されるので、事業計画書を事前に作成しておくことは起業資金の準備として有効です。
 

ポイント 起業前に準備すべき4つの物

起業の成否は事前の準備で決まる!今すぐ行うべき3つのこと

パソコンデスク
 

起業は何かと物入りですが、起業前に用意しておくべき物があります。
事業を回していくうえで必要な物として、PCや名刺、ホームページ、クレジットカードなどがあります。
 

1.PC

今やどんなビジネスでもPCは不可欠です。
特に起業して自ら事業を回していく場合には、性能のよいPCは重要です。
そのため、プライベート用のPCをビジネス兼用にするのはあまりおすすめしません。
使いやすさとパフォーマンスに優れたPCをビジネス用として準備しておくべきです。

また、ビジネスのオンライン化やデジタル化が進むなか、企業が守るべき情報やデータが年々増えています。
衝撃に強くて耐久性のあるPCであることはもちろん、情報漏洩やサイバー攻撃などのリスクに備えてセキュリティ機能が充実したPCを選びましょう。
さらに、長期で使用することを前提にして、複数年にわたるサポートや延長保証の有無なども確認しておきましょう。
 

2.名刺

ビジネスシーンで活用される名刺は、起業してからも必携のアイテムです。
ビジネスにつながる出会いは、どんなタイミングで訪れるか分かりません。
名刺を持っていなければ、せっかくの出会いを無駄にしてしまう可能性もあります。

名刺のデザインや印刷は自作も可能ですが、名刺の仕上がり、品質によっては印象や信頼度に影響する部分があります。
あまりに品質が低い仕上がりだと、信頼できない会社だと判断されてしまう可能性もあるため、できればきちんとした印刷会社に依頼しましょう。
 

3.ホームページ

最近では、インターネットを通じて多くのビジネスチャンスが生まれています。
そのため、起業して事業を進めるうえで、ホームページは重要なツールです。
会社名を検索するクライアントも多いので、ホームページがなければ信頼度が低い会社という印象を与えてしまう可能性もあります。

ホームページは自作することもできますが、作成代行サービスに依頼する方法もおすすめです。
作成費用は安いものから高いものまであり、作成費が安くても運営費が高いサービスもあります。
ランニングコストも含めて注意しながら検討しましょう。
 

4.クレジットカード

起業するうえでクレジットカードは必携のアイテムです。
事業を行うために携帯電話を契約したり通信回線を引いたりしようにも、クレジットカードがなければ契約ができないケースもあります。

起業しても事業が軌道に乗るまでは一定の時間が必要です。
クレジットカードは後払いのシステムであるため、キャッシュフローが楽になるというメリットがあります。
また、キャッシング枠もあるため、利用限度額の範囲内であればお金を借りることもできます。
運転資金が不足してどうしても現金が必要な場合の保険としても、クレジットカードは持っておくべきでしょう。
 

ポイント 事前準備をしっかり行い起業を成功に導く

起業の成否は事前の準備で決まる!今すぐ行うべき3つのこと

架け橋
 

起業が成功するか否かは、事前の準備で決まるといっても過言ではありません。
起業前にやるべきことは多岐にわたりますが、起業前に行うべきことや準備すべき物をあらかじめ知って、できるところから余裕を持って着手していくことが大切です。
起業前の準備期間を有効に活用して、起業を成功に導きましょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】(現在はオンラインでも開催中)

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!