副業のための副業にならないように注意しよう!

会社員のまま『起業準備』をスタートし、軌道に乗せてから会社を辞めたいと考えているサラリーマンの皆さまを支援している『起業18』では、起業準備のために副業的に事業を始めることを推奨しています。
 

起業
 

ですが、起業準備のための副業と、副業のための副業は、全く意味が違います。もちろん、週末起業とも全く性質が異なるものです。お小遣い稼ぎ、月に1万~5万円を目指している考え方と、自立、独立を考えたものの考え方は、そもそもその入り口から異なるのです。
 

ポイント 副業的発想と起業的発想の違いとは?

副業のための副業にならないように注意しよう!

副業は、その場でお金になることを目指します。そして、殆どの場合、ビジネスモデルがありません。下請け、アルバイト、ちょっとした代行、資格を取ってコーチングやカウンセリング。こんなものを副業と呼んでいます。収益は会社を辞めるまでは大きくならないため、いつまで経っても『辞める』踏ん切りはつかないでしょう。

起業を目指す場合には、ビジネスモデルを作ります。ビジネスモデルとは、収益が上がるための流れ、シナリオ、導線を作ることです。わかりやすく言えば、種まきから刈り取りまでの地図を書く、というイメージです。例えば、最近の話題で言えば、ソフトバンクの『Pepper』のビジネス。副業的思考の場合、このロボットを仕入れて、転売して終わりというものになるでしょう。ですが、起業家が実際に考えたビジネスは異なります。
 

ポイント 起業的戦略で勝利に導く

副業のための副業にならないように注意しよう!

このロボットの本体価格は安く20万円ほど。恐らく原価割れでしょう。ですが、これを売っているのです。わずか1分で1000台を売るというヒットになりました。このビジネスのポイントは、このロボット本体を買ったところで、このままでは動かないというところです。まず、このロボットを動かして人工知能の機能を楽しむためには、『基本プラン』というサービスに加入しないといけません。これが3年しばり、約60万円。そして保険です。合計では120万円ほどになります。

ロボットが動いて会話を学習して育つ、という生活を楽しむためには、毎月15,000円程度の支払いが必要になるという『ビジネスモデル』です。ロボットを一度動かしたら、止めたら『死んでしまう』感覚になるでしょう。つまり、永遠にプランに加入し続ける人が出てくると思います。さらに、利用者だけでなく、このビジネスモデルに乗っかる業者もこぞって契約することでしょう。動物を飼ったら餌代がかかります。99%の飼い主はきちんと育てるために、餌を買います。その餌までも囲い込んでしまう。まさに最強レベルのビジネスモデルです。
 

このような戦略的な思考でビジネスを組み立てるのが起業家です。ここまで高度に完成されたものを作れるのは、まさにソフトバンクの力あってのことですが、私たちのような一人の起業家であっても、発想を真似することは可能です。単なる転売、副業で終わらせない、勝ち残る起業家になりたいですね。
 

 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!