「起業準備失敗」多くの人が陥る謝った思考パターンとは?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

毎日たくさんの起業相談にお答えし、たくさんの夢を持つ人々と向き合っていると、どうしても感情移入してしまいます。感情移入してしまうが故に、どうしても応援したくなってしまいます。

悪いものを悪いと言えなくなってしまう自分がいると、いつも気持ちを奮い立たせ「嫌われてもいいや!」と覚悟をし、思い切ってアドバイスをします。 
 

起業18評判
 

中には、それを嫌がる人もいます。「お金の話をするな」とか「もう少し器の大きな人間と思っていました」とか、人間性を否定されてしまうことすらあります。

私が本来目指しているものは「起業を通じた自己実現を応援すること」です。

私は、クライアントさんにお金持ちになって欲しいわけではなく、普段、それほどお金の話をしているつもりはありません。ですが、結果がでなくて起業を諦めていく人をたくさん見ている中で、ついつい余計なアドバイスをしてしまうことがあります。

起業支援はとても楽しい仕事ですが、一方で仕事や人生という人間にとって非常に大切なものと真剣に向き合う仕事でもあるため、時に感情がぶつかり、辛い思いをすることもあります。それでも私は、自分の思うところ伝えていこうと思います。それによって成功する人達がたくさんいる以上、止める事はできません。
 

ポイント 起業準備をして失敗してしまう人の共通点とは?

「起業準備失敗」多くの人が陥る間違い

失敗
 

起業準備で失敗をしてしまう人がいます。(失敗という言葉は、諦めてやめた瞬間に確定します。)諦めてしまう人の多くは「やりたいこと」をやろうとして、それが上手くいかなかった人です。例えば、占いが好きだから、占いをビジネスにしたいというような話です。

それは確かに素晴らしいことです。でも、好きなことは趣味でやったらよいと思います。好きなことを自由にやりたいのなら、わざわざビジネスとしてやる必要はないじゃないすか!?

好きなことを仕事にしたいのであれば、あなたがその好きなことをやることによって誰かが救われなければならないし、誰かにありがとうと言われなければならないし、誰かがお金を払ってくれなければ成立しないのです。

もう一つ、典型的に上手くいかないパターンがあります。それは「上手くいったら起業したい」と言っている人です。「上手くいったら」でできるほど甘い世界じゃないんです。「上手くいかせるんだ」という決意と行動が伴わなければ、現実的には難しいでしょう。
 

ポイント あなたは何で起業したいですか?

「起業準備失敗」多くの人が陥る間違い

仕事
 

あなたは何で起業したいですか?
 

たくさんの人がこの問いに答えることができません。「好きなことがない」と言う人もいれば「好きなことがビジネスにならない」と言う人もいます。でも、問い続けてください。

  • 私が、仕事にしたいほど好きなことは何だろう?
  • 私は、その好きなことを続けることによって、誰の何のお役に立てるのだろう?

いつか、その先が見えてくるはずです。いつどこで、どのようにすればよいのか、そのポジションが必ず見つかります。

かつて私は「やり方の前にあり方を決めよ」お話をしていた時代がありました。「何かの専門家」というポジションを取り、その後に自分を発信しようというものです。しかしこの伝え方には大きな誤りがありました。

私自身「起業の専門家」を名乗っていますが、それだけではこの業界で食べていくこはできません。なぜならば、同業者は山のようにいて、似たようなことをしている人がたくさんいるからです。

私がこれから起業準備をする人にお伝えしなければいけない事は「専門家になろう」という言葉では表現できていませんでした。言いたいことは、「その分野において他の人と違う人になろう」ということです。もっと言えば「元々あなたが持っている他人と違っているところを、あなたの武器として使っていきましょう」ということです。

「専門家」という言葉は、多くの人の行動を阻害してしまいます。「なるのが難しい」というイメージがつきまとってしまうのです。私がお伝えしたい意味は「やること1つに絞ろうという意味です。そして、その絞ったところに「あなたの持つ他人と違っているところ」「生まれ持ったあなた自身」をトッピングしていこうということなのです。
 

ポイント 期限を決めましたか?

「起業準備失敗」多くの人が陥る間違い

納期
 

そして、やると決めたら、次に大切な事は「いつまでにそれをやるの?」ということです。納期のない仕事なんて、後回しにするだけですよね。時間が空いてる時にやろうなんて思っていて、できたことありますか? あったとしても本当に数は少ないでしょう!?

日常の仕事に追われていれば、ほとんどの人は夢など忘れてしまいます。放っておけば、夢を思い出す時間は・・・せいぜい月に10分ぐらいでしょうか。副業や週末起業をしていると身についてしまう「ゆっくりお遊び感覚」から卒業しない限り、いつまでも起業準備は進まないのです。
 

ポイント 売り上げ目標を決めましたか?

「起業準備失敗」多くの人が陥る間違い

お金
 

さらに、金額的な目標も重要です。「夢を話をしているのだからお金の話はするな」「お金の話をしていると人が離れていくぞ」「お金は後からついてくる」そんなお話をよく言われます。しかし、やろうとしていることがビジネスである以上、お金の管理や目標は必要であると私は考えています。

皆様の会社には、経営計画はありますか? 売上目標はありませんか? 会社の会議で、売上目標が議論されている時に「お金お金と言うな!夢を語れ!」とあなたは批判するのでしょうか?

お金に嫌悪感があるあなたは、もしかしたら、営業の仕事をしたことがないのかもしれません。お給料は会社が払うもの、銀行口座に振り込まれるもの、そんな感覚が染みついていしまっているのかもしれません。しかし、そのお給料の原資は、お客様が支払ってくださっているものなのです。

あなたが個人事業主や1人社長になれば、あなたは直接、お客様からお金を受け取ります。あなた自身が現金を受け取ることもあるでしょう。お金はとっても大切なものです。もちろん、それが全てとは言いませんが、起業する上ではとても重要なものです。生活していかなければならないのですから。

さらに、起業するのなら売上げではなく、利益を考えるようにしてください。副業や週末起業感覚で、丸1日仲間とセミナーに時間を費やして、売上5,000円で「あー楽しかった」という仕事は成立しないのです。
 

ポイント まとめ

「起業準備失敗」多くの人が陥る間違い

起業準備
 

厳しいことばかり書いてしまって申し訳ございませんでした。でも、本当のことを書きました。本気で起業をしたいと思っているあなた、まずはブログを書くのやめて、フェイスブックをやめて自宅にこもってください!

あなたの好きな事としっかりと向き合い、何をして生きていきたいのか? 何をゴールとしているのか? どのような事業で人を幸せにしたいのか? 一つひとつをしっかりと考えて受け止めていきましょう。

成果を出してください。真剣に取り組んでください。人のせいにするのもやめましょう。新たな気持ちで、情熱を持ち続けて取り組んでください。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!