コンサルティングのアイデアを他社に流用されないように守れますか?

● 質問

女性限定にアドバイスをする不動産コンサルを始めます。
現在ブログを立ち上げて情報発信を開始しています。

そこで質問なのですが、ブログや書籍、セミナーの内容などを競合他社に丸ごと流用されたり、AIなどにインプットされてしまった場合、著作権として守れるのでしょうか?
まだ大した収益もないうちに、商標登録などをしておく必要はあるのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

人にノウハウを公開する以上、コピーされる危険性は避けることはできません。
価値のある情報は誰もが求めていますから、競合の目に触れることも致し方ありませんね。

著作権は著作物を創造した時点で、自然発生します。

著作権は著作物の表現を保護するものですが、知識やアイデアは保護対象ではありません。
アイデアを保護したいのであれば、特許または実用新案を取得します。

ブログの文章や写真、図表などをそのまま使われてしまった場合には、著作権の侵害となります。
ですが、コンサルを受けた人や競合他社が、その知識を使って何かをしたとしても、それは著作権の侵害にはなりません。

しかしながら、資料などの内容をそのままAIのデータにされたとなれば、グレーかもしれません。
専門家や文化庁に問い合わせてみると良いかと思います。

商標登録につきましては、ネーミングの保護が主ですね。
登録可能かどうかは無料で調べることができますので、サービスを利用してみると良いでしょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】(現在はオンラインでも開催中)

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!