オンリーワンビジネスはどうやって作る?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

今年40歳になりました。
長年、FPとして保険の仕事をしてきたので、保険の設計についての情報発信で起業したいと考えています。
ですが、それだけでは弱いので、好きな心理学の要素を加味できないかと考えています。
これらをうまく組み合わせて、オンリーワンビジネスにするには、どうすればいいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

オンリーワンの商品を作るには、3つの加工を行うと効率的です。

ひとつは「人」です。対象とするお客様を限定する、或いは、あなた自身が特別な存在になること。
次に、サービスの提供方法を加工すること、そして最後に、サービスそのものを組み合わせたり限定するなどして独自性のあるものにすること、です。

たとえば、20代の離婚した人限定、Skype限定、そして、推奨する保険商品も限定するというようなことです。

多くの人は、20代から60代など、広く対象者を考えてしまいます。
ですが、選ぶ側から見たらどうでしょう?

たとえば、2冊の本があったとします。
ひとつのタイトルは、「起業について徹底解説」だとします。
もうひとつのタイトルは、「40歳から始める起業について徹底解説」だとします。

あなたなら、どちらの本が気になりますか?

顧客は絞り込んだ方が、メッセージが届きやすいことが多いですから、ぜひ試してみてください。
 

次に、提供方法ですが、その絞り込んだ客層が最も便利と感じる方法で提供したいですね。
ネットなのか、資料の郵送なのか、面談なのか、電話なのか、そこは調査です。

また、あなた自身がセールスパーソンとして親しみやすい、相談しやすい人であることも、オンリーワンの存在になる大切な要素です。
 

そして最後に商品です。
保険の場合は、あなたが自由に加工することはできないでしょうから、保険知識の専門性を高めたり、独自の組み合わせでお客様のライフプランを実現させてあげる提案をすることになります。

多くの場合はお客様は明確なライフプランを持っていないでしょうし、プランの設計もできないでしょうから、心理学的なアプローチをヒアリングなどに活かして、お手伝いをするというサービスもいいかもしれませんね。
 


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!