起業したい時に考えるリスクとは? さらに掘り下げて考える

起業のリスクについては、これまでたくさん書いてきましたので、今回は別の角度から書いてみたいと思います。
 

スマホを見て困る女性
 

人は、生きている中の人生で沢山のリスクを背負って生きています。
小さなリスクから大きなリスクまで色々とありますが、責任が重くなるほどリスクは比例していきます。

あなたは、どんなリスクを背負って生きていますか?
リスク管理が不十分で注意を受け、責任を取らされた経験はないですか?

人は、失敗した経験から学びながら「失敗しないためにはどうしたらいいのか?」ということを学び、成長していくものだと思います。
 

ポイント 起業するにはリスクがつきもの

起業したい時に考えるリスクとは? さらに掘り下げて考える

勉強する女性
 

起業するにはリスクがつきものです。
大きさによってリスクが異なりますが、どんなリスクがあると思いますか?
 


 

一般的な平社員であれば、何か問題を起こしても、会社が潰れるようなことはそうそうないかと思います。
しかし、役員や経営者が問題を起こしてしまったら、社運に関わる責任に発展しかねません。

立場や立ち位置によって、責任や責任の取り方、事の重大さが大きく変わってきます。
起業するときには、それらのことを十分に理解し、行動に移すようにしていきましょう。
 

個人情報の取り扱い方

最近、顧客情報の流出事件などよく耳にしますよね?
情報をコンピュータで管理する時代になってから、ハッキングやウイルスによる情報の流出、社員が情報を外部へ持ち出せないよう徹底した管理が必要になっています。

情報として、「氏名」「住所」「電話番号」「暗証番号」「クレジットカード」「マイナンバー」など個人を特定したり物の購入、お金を借りたりできる情報まで含まれています。
守秘義務同様、他者へ情報を流し、漏らしては決していけないものです。

もし、あなたのマイナンバーが流出したらどうですか?
「すみません」と謝罪して済むような問題ではありません。

会社にとって多大な被害を受けてしまいます。
情報の取り扱い方、管理の仕方を徹底しなくてはいけないことを、よく心に留めておいて下さい。

パソコンには、ウイルスバスターを入れて定期的に更新する、パスワードを掛ける、個人情報の管理の為に書棚には鍵を掛ける、従業員に個人情報の誓約書を書いてもらう、私用のUSBを使用しない、などの対策をしっかりと取りましょう。
 

トラブルにならない対策

顧客とのトラブルや苦情は、必ず起きてしまうものです。
トラブルが起こった時の想定は、十分にしておきましょう。

また、トラブルの原因をしっかりと追求し、対策を立てなければ同様のことが起きてしまうでしょう。

リスク管理の1つとして、文書で記録を残しておくことが一番のポイントです。
「いつ」「誰が」「どのようなことで」「何を言ってきたのか」をしっかりと聞き取り、苦情報告書として保管しておきましょう。
 

人事や方針管理

小さな起業では、人事は関係ないことが多いですが、取引先、仲間とのトラブルはよくあることです。
起業家として重要な「理念」「方針」をしっかりと周囲に対して周知させることは大切です。

年に数回でもかまいません。
仲間や取引先とコミュニケーションを取れる機会を設けましょう。

また、社会人として基本的なマナー(挨拶、言葉遣い、身だしなみなど)を忘れないようにしましょう。
フリーランスになると、その辺りがいい加減になる人も多いです。

日頃の行いが、業績や評判となって返ってきます。
だらしなくなると、人がついてこなくなってしまうのでご注意下さい。
 

事業に失敗した時のリスク

事業をする時には、「職場環境の問題」「事業の方向性の問題」「組織的な問題」などが挙がってきますが、小さな起業では方向性がもっとも身近な問題になります。

結果が出ないと感じたら、すぐに方向性を転換できるのが小さな事業のメリットです。
そのメリットを使おうとせず、いつまでも固執したり工夫を怠ったりする起業家は多いですね。

一人のくせに、巨像のような動きをしていては、廃業は目に見えています。
投資は必要最低限にし、お客様の声をよく聞いて、機動性を保ちながら事業を展開してください。
 

ポイント 起業までの準備段階でリスクを考えながら組み立てる

起業したい時に考えるリスクとは? さらに掘り下げて考える

助成金
 

リスクは起った時に慌てて対処しているようでは、対応できません。
最初に想定しておくことで、リスクはリスクではなくなります。

身体を壊した時にどうするか?
転勤になったらどうするか?
会社が倒産したらどうするか?

毎日の生活には必ずリスクがあります。
起業した場合には、お客様がいますので、その時どう動くのかを常に想定しておかなければなりません。

中でも最も必要なのは、

半年、お客が一人も来なかったらどうするか?

などの集客についてのリスクです。

そのリスクを回避するために、何が必要か。
たとえば、チラシを作って広報活動をいつからいつまで、いくらかけて行う等の行動計画、ホームページやブログの日々の運用にどの程度の時間を割くなどのルーチンワークの設定もしなくてはなりません。
行き当たりばったりでは、すぐに集客ができなくなってしまいます。

広告宣伝費の予算設定も必要ですね。
店舗ビジネスなら、Hotpepperや女性向けの無料広告雑誌、何が使えるのか、いくらまで試すのかなどもシュミレーションします。

ビジネスによっては、様々なコミュニティに出入りし、人との繋がりを作っておくことも必要です。
会費の出費もあるでしょうし、お付き合いの出費もあるでしょう。
その全てをざっくりでも構いませんので、行動計画、予算計画にしておくことです。
 

起業するときには、色々なリスクを自分で背負わなければなりません。

リスクの分散化をする為には、まずは「どんなリスクがあるのか」を全て洗い出すこと。
リスクの大きさと発生確率に応じて、「移転」「回避」「保有」「低減」に分類し、それらを管理する方法を考え、予算をつけておくことです。

そして、ルーチンワークの中に落とし込み、毎日少しずつ実行していくことです。
そうすれば、起業する時に何も心配なくスタートすることができます!
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!