会計のことで教えてください。粗利から自分自身にお給料を払って、残りを確定申告するのですか?

● 質問

会計のことで教えてください。

粗利から自分自身にお給料を払って、残りを確定申告するのですか?
或いは、粗利は資本金になるのですか?
税理士を雇うべきでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

法人を設立されるのでしたよね?
まず、会計の基本として、個人と法人を分けて管理しましょう。

※まずは簿記3級程度の教科書を読んでおくと便利です。

質問者様への給料は「役員報酬」と言います。
基本、額をあらかじめ決めておき、自分に支払います。
 

法人分は、法人所得から納める法人税。
個人分は、質問者様の役員報酬から納める所得税。
それ以外にも、法人、個人両方に住民税などもかかります。

質問者様が会社員を継続されるのでしたら、所得税については、本業の会社からもらう給料と、質問者様の会社の役員報酬を合算して確定申告し、個人として所得税を納めることになります。

法人税は、収入から経費を引いた所得に対してかかりますが、この経費には質問者様自身に支払う役員報酬も含まれます。

所得が大きい場合、法人税の方が税率が低いためお得になることが多いです。
役員報酬をいくらにするか、もろもろの控除や他の所得などもありますので、この辺りは、税理士さんに相談してください。

というわけで、法人は色々大変ですので、税理士さんにはお世話になったほうがよいでしょう。
法令の変化も多いですし、経理処理以外でも管理業務が煩雑です。
ビジネスにかけるエネルギーが削がれてしまうことは避けましょう。

記帳代行から申告書類作成まで、セットで頼む方が安心ですし楽です。

個人事業のうちは、会計ソフトを使いながら、税務署や青色申告会で教えてもらえば何とかなりますが、法人となると簡単にはいきません。

税理士報酬の相場は法人の場合高めになり、月々3~5万円です。
決算処理だと20万円前後です。
ピンキリなので、サービス内容と一緒に確認してください。
 



アイデア

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!