好きなことと、儲かりそうなこと、どちらを優先するべきですか?

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

起業は好きなことと、儲かりそうなこと、どちらを優先するべきですか?
 

起業前質問集
 

● 回答

会社員のまま起業することは「自分の興味関心」の延長線上に存在していると強いです。生活のための副業になってしまえば「仕事」と変わらず、好きでもない、義務でもないとなれば、何年も続けることは困難です。

儲かりそうなことを優先する人もいますが、続けられるならば、儲けるということに強い執着心があるのでしたら、それでも良いと思います。
 

カフェ
 

また、すぐにお金が必要な場合には、起業よりもアルバイト副業をしましょう。ウーバーイーツでマックを運べば、すぐにお金になります。

理想の起業は、もう少し長いスパンで見られるもの、そして「娯楽」や「家庭」の時間が、事業と融合していくもので「楽しみ」として継続していけることです。

最初からそのような理想に辿り着けることは稀ですので、まずは、定時に仕事を上がって、あれこれと試すことから始めていきましょう。
 

● 質問お金儲けを考えた時、不動の需要と言いますか、いわゆる性産業だったり、金貸しだったり、怪しいと言われながらずっと滅びないマルチだったり、好きなことなんかより、そのようなことをする方が儲かるのではないでしょうか?  ● 回答確かにそれはひとつの考え方ですし、否定はしません。ですが、起業18には、そのような人を成功させるノウハウがありません。規制もある業種故に、会社員のまま展開することも簡単ではありません。  アダルト系、消費者金融系、マルチビジネス系は、関わりがあるだけでも一般の方を遠ざけて...

 

大きな目標は必要ありません。一人で出来る小さなことから始めて、一つひとつ育てていきましょう。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!