ポータルサイト起業は難しいですか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

先日の勉強会で自分のやりたいポータルサイトによる起業アイデアを発表した際「その方向性だと競争がかなり激しいので、相当努力しないと厳しい」と指摘されました。

ですが、自分は努力すればいいんだろって思ったのですが、やってみて良いですか?

ポータルサイトなので、私自身はなにもせず、参加者が勝手に盛り上げてくれると思うのですが、収益化は後で考えたいと思います。

そんな考えで始めるのは、やはりおかしいでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

確かに、決めつけてしまったことは良くなかったですね。

個人がポータルサイト立ち上げに成功する事例は極めて少ないので、思わず言ってしまいました。大変失礼いたしました。

私の経験から言えることは、ポータルサイトに人を集めるには、かなりの努力が必要で、並大抵のレベルではないということです。それができるということであれば、是非、挑戦してもらいたいと思います。

何もせずに参加者が勝手に集まってきて、盛り上げてくれるということはほぼ起こらないと思います。最初の勢いをどうするかについては、企業ならお金をかけてライターを集め、記事を大量に投稿します。
 

携帯電話
 

1記事あたり2000~3000文字として、1万5千円くらいのコストがかかります。まず500記事集めるとしても、個人では簡単な額ではないかと想像します。となれば、ご自身で書くしかありません。本気で取り組んでいただく必要があるだろうと考えます。

その情熱を継続していけるかどうかが、大きなカギになります。ぜひ頑張ってください!

始める前にあれこれ言っていても仕方ありません。やれるということでしたら、すぐに始めましょう。本当に人が集められるか、参加者がに盛り上げてくれるか、やってみれば話が早いかと思います。

想像を超えるレベルの労力が必要だと感じれば、方向転換することもあります。ですので、やってみて良いかと言われれば、もちろん良いですし、おかしいかと言われれば、おかしくありません。ご自身で体験いただくことが、一番の判断材料になると思います。

ポータルサイトに人を集めるには、まず記事をたくさん投稿しなければなりません。参加者が投稿するタイプのサイトであれば、なぜそこに投稿する必要があるのか、Facebookなど様々なSNSがある中で、なぜそのサイトに投稿する必要があるのか、利便性やブランディングをしっかりと確立しないといけません。

まずは、経験を積むつもりでやってみてください!

 

少し前に流行った「ポータルサイト」ってご存知でしょうか? インターネットの玄関口となるWebサイトのこと。もともとは、検索サービスを提供するサイトがジャンルごとにWebサイトへのリンクをまとめたことから始まり、その後、さまざまなコンテンツ(天気予報、翻訳、辞書、経路探索など)が追加され、インターネットの総合サービスのような形態をとるようになった。現在は検索サービスだけでなく、プロバイダーやオンラインショッピングサイトが、アクセスするユーザーを確保するために、ポータルサイト化する傾向が強くなっている。...

 

利用者が集まってきたら、生の声を聞きつつ、オンラインサロンを立ち上げたり ポータルサイトと並行して色んなサービスを立ち上げて、収益化を図りましょう。


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!