時間的な制約が多すぎるため一歩踏み出せません

新井一

記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

起業ネタははっきりとしていないのですが、英語関連の仕事が良いと思っています。

具体的に何をするか、悩んでしまっていますが、手っ取り早く始めたいので、教える講師が良いかと思いましが、子供塾や主婦教室のような、軽いものが嫌いです。

そこであれこれ考えた結果、外国人が日本で個人経営している英会話教室のサポートができないかと考えました。顧客対応や帳簿付けなどの事務、電話対応などです。

これをしようと思いましたが、会社員のままでは時間的な制約が多すぎるため、一歩踏み出せずにいます。やはり、教える講師が時間のコントロールもできて、良いのでしょうか?
 

起業前質問集
 

● 回答

代行業は、自分が手足を動かす場合、どうしても時間の制約が生まれてしまいます。

英語を教えるとなれば、生徒さんに来てもらう時間を指定することが可能ですから、何とかし易いことは事実ですね。

ただ、事務代行では無理ですね。事務対応のマニュアルを販売することもできなくはないですが、売れるイメージが持てません。
 

フリーランス
 

代行業ではないビジネスにシフトするか、代行してくれるスタッフを外注する仲介業になるか、そこを考えてみましょう。

日本で起業している外国人をサポートする仕事は、その国の人がやっていることが多いです。中国人は中国人コミュニティー内で完結しています。ですので、中々ないとは思いますが、「日本人だからこそできること」でアイデアを出してみましょう。


さらに詳しく知るには、以下より検索してみてください!
記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

自分のタイミングで学びたい、セミナーは苦手、というあなたは【動画版】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!