起業するなら一度就職するべきですか? 大手とベンチャーとどちらが有利ですか?

新井一
記事執筆/監修:新井一(起業18フォーラム代表)
最終更新日:

● 質問

今、大学院生です。起業したいので、起業18で学びたいと思っています。

今現在の専門が非常に専門的で狭いものなので、将来の起業に役に立たないと考えています。

私はその専門分野を離れて、一度就職して、企業で営業などを学んでから起業した方が良いでしょうか? それとも大学院に通いながら起業してしまうべきでしょうか?

就職するのなら大企業とベンチャーと、どちらが後の起業に役に立ちますか?
 

起業前質問集
 

● 回答

確かに、最初の一歩をどこに進めるかによって、起業までの道のりは大きく変わってきますね。

専門性に特化したお仕事ですと、起業する時に汎用性がなく苦労するというのも、あり得る話だとは思います。そもそも、就職したことがないと、仕事の実務がわからないということもあるでしょう。

ですが、そのどれも大きな問題ではありません。要は、自分がやりたいのかどうか、今すぐやりたいならやろうということです。

専門を続けたくないのでしたら、やりたくないことをやり続けるのは大変ですから、辞めてしまっても良いのではないか、無責任ですがそう思います。今の時点で、辞めても良いと思うようなことを、何年続けても一流の起業家にはなれないでしょう。

のめり込んでしまって、それを続けたいと思うフィールドで勝負してもらいたいです。具体的に自分が得たいもの、進みたい道が見えるまでは、就職することも悪くありません。
 

学生
 

就職して、営業を学ぶのはもちろんプラスになりますね。ですが、必ずそうするべきとは思いませんし、大企業でもベンチャーでもどちらでも構いません。

大手は全体の仕事ができないということもありますが、ベンチャーは経営がカツカツで新しいことにチャレンジできない、研修などもないなど、どちらも一長一短なのです。どちらも自分次第ということです。
 

「日本の若者はリスクを避ける傾向がある」と聞きました。本当でしょうか?   うーん・・・ 周りを見れば、確かにそうかもしれないです。大手企業志向が2001年卒以降過去最高の55.1%。関東、関西の国公立大学の学生は約7割が大手志向前年は売り手市場ながらも高止まり感を見せていた大手企業志向(「絶対に大手がよい」+「自分にやりたい仕事ができるのであれば大手企業がよい」の合計)であったが、2021年卒では55.1%(前年比2.4pt増)と、2001年卒以降で最も高い結果となった。中堅・中小志向は41.1%と2.3pt減少している。特に...

 

就職すれば、お金をもらいながら学ぶ時間ができます。いきなり独立すると、この部分はありませんね。1週間は168時間、有休休暇も祝日も考えなくても、仕事はそのうち40時間。
その40時間の中でも学ぶことができ、残りの時間も有効に使えれば、独立に向けて準備を進めることもできます。

また、人間関係の痛みなど、チームでの仕事、就職して学べることは多いです。学生のまま起業することも素晴らしいことですが、使われる人の様々な心の葛藤を身をもって経験することは、決してマイナスにはならないです。

とは言え、自分の人生。しっかりと考えて、ご自身で結論を出してください。

起業するのも、就職するのも、どちらも素晴らしい経験ができます。どのようなルートを通ろうとも、人間力を磨いて、人を惹きつける起業家になってください!


記事執筆/監修:新井一(あらいはじめ)起業支援キャリアカウンセラー

新井一
起業18フォーラム代表。「会社で働きながら6カ月で起業する(ダイヤモンド社)」他、著書は国内外で全9冊。最小リスク、最短距離の起業ノウハウで、会社員や主婦を自立させてきた実績を持つ。自らも多数の実業を手掛け、幅広い相談に対応している。


アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月で起業する!【セミナー@東京/オンライン】

今は動画で学びたい、東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画で学べる】起業セミナー(特典付き)

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!