一度失敗した英語教室で、再度起業したいと考えています。

● 質問

かつて英会話教室で起業して失敗し、現在会社員に戻っています。

当時、FCに参加する形で起業し、その後、脱退、完全独立し、2年間教室運営をしていたのですが、外国人講師の定着率が悪く、ついに行き詰ってしまいました。

ですが、一度起業してしまうと、サラリーマン生活は本当につまらなく、辛いものがあります。
私には英語しかありませんが、どうしても英語教室を再建したく、新井さんにアドバイスをいただきたいと思います。
 

起業前質問集
 

● 回答

再起されるのですね。
会社員生活に戻れないというお気持ち、よくわかります。
今度は絶対、成功させましょう!

英語しかないということですが、教室運営に固執する必要がありますか?
廃業の原因であった外国人講師の手配の問題を解決できない限り、同じ問題が起こります。

対策としては、また大手のFC傘下に入るか、候補になる外国人が集まっている場所を掘り当てることしかありませんね。

英語が専門ということでしたら、教室ビジネスの売上を補完してくれる事業もできるでしょう。
絵本だったりCDだったりといった英語関連の物販、英語スキルを使った何かのサポート業務、家賃のかからない家庭教師、英語講師の養成や、国際交流イベントなども考えられると思います。

今の時代の流れで言えば、たとえば、インバウンド、日本に来る外国人。
それから、スマホですね。

上の話は一例ですが、質問者様が考える大きな時代の流れを洗い出し、その関連で質問者様の身近で起こる変化、需要を見ていくようにしましょう。

英語が得意でも、ビジネスは英語ではありませんので、うまくいくとは限りません。
英語が話せなくても、たとえば英語翻訳のアプリを開発している人もいます。

ご自身が何をしていきたいのか、英語ができる=英語教室、と単純に考えずに、色々な商品、サービスを考えてみてください。
たとえば、一度廃業した経験を活かして、それを失敗する法則としてノウハウ提供することもできます。

集客の方も考えないといけませんね。
どの人を相手に何を売るのか、そこをしっかりと企画しましょう。

起業アイデアとは、商品を考えることではなく、顧客と商品のセットを考えるということです。

また、過去の経験を活かして、固定費を徹底的に削減しましょう。
となれば、教室運営のスタイルを変えて、もっと身軽に教室運営ができないかを考えてみましょう。
 



アイデア

会社員のまま始める起業準備・6ヵ月(180日)で起業する!【セミナー@東京】

東京まで遠い、平日は無理、セミナーは苦手、というあなたは【動画】起業セミナー

ポイント この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!